友だち幻想 人と人の“つながり”を考える ちくまプリマー新書

菅野仁

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480687807
ISBN 10 : 4480687807
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
菅野仁 ,  
追加情報
:
18cm,156p

内容詳細

友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう…。そんな悩みを持つ人に贈る、人と人との距離感覚を磨いて、上手に「つながり」を築けるようになるための本。

【著者紹介】
菅野仁 : 1960年宮城県仙台市生まれ。1989年東北大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程単位取得。東北大学文学部助手などを経て、1996年宮城教育大学教育学部助教授、2006年より同大学教授。専攻は社会学(社会学思想史・コミュニケーション論・地域社会論)。G.ジンメルやM.ヴェーバーなど古典社会学の現代的な読み直しをベースとし、「“自分の問題”として“社会”について考えるための知的技法の追究」をテーマに、考察を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 本読みたぬき さん

    大人になってわかったことは、学校などから押し付けられていた「いい子の論理−みんな本当はいい子だから仲良くしなきゃならないとか、夢は諦めなければ叶うとか−が如何に現実離れした偽善的な論理だったか、ということだった。この本は、そういう、大人にならないとわからない、現実に立脚した処世術を、明快に書いている。何故人を殺してはならないかというようなことの答えも含めて。思春期の若者はもちろん、すべての世代の必読書。

  • agtk さん

    「こどもの日」記念。というわけではないが、本屋で見つけて読んでみた。「気の合わない人間、あまり自分が好ましいと思わない人間」と「並存」「共在」できることが大切、「ルール関係」と「フィーリング共有関係」を区別して考え、使い分けができるようになること、等等々、子どもたちに身に付けさせていく必要を改めて感じた。あ、大人もね。

  • naji さん

    『分かり合えない』ということを理解する大切さが必要ですね。

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。現代社会に求められている「親しさ」とはどのようなものか捉え直し、人との距離感覚をみがいて、上手に“つながり”を築けるようになるための本。■今まで もやもやと重荷だったことが、こういうキーワードを与えられることでスッキリすること あるよね。友人関係だけでなく、師弟、親子、社会、大人になるということ、などの考察も上手いなぁ。■10代から読めるこーいう本があるの、ほんといいことだよね。大人の人も読んでみて☆(2008年)(→続

  • はるを@しばらくお休みします。(呟き少なめ) さん

    🌟🌟🌟🌟☆。出版されてから10年も経っているのに未だに売れ続けているという記事を以前朝日新聞で読んだ記憶がある。俺は本屋に行く時は絶対衝動買いはしない。必ず予め買う本が決まっているか、何も買わないかのどちらかなのである。…その俺が、本屋でこの本と目が合ったんだよね。たったそれだけの理由で買った。これは繰り返し読む本。コレを読んで日常生活を送りまた開いて読む。そういった類の本だ。諸君、人はそれを「バイブル」と呼ぶのだよ。🌟が一つ足りない理由は簡単。さらに同額払うからもう少し詳しく教えて欲しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品