「乳酸発酵漬け」の作りおき

荻野恭子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579213016
ISBN 10 : 4579213017
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
80p;26

内容詳細

野菜、乾物、果実、肉・魚から、米みそ、豆みそ、中国の発酵調味料まで。

目次 : 乳酸発酵漬け(野菜を漬ける/ 乾物を漬ける/ 果実を漬ける/ 肉、魚を漬ける)/ 発酵調味料(みそを仕込む/ 赤とうがらしを漬ける)

【著者紹介】
荻野恭子 : 東京生まれ。料理研究家、栄養士。女子栄養短期大学卒。(旧)恵比寿中国料理学院で師範の免許修得。各種の料理学校で世界の料理を学ぶ。1974年からはロシアをはじめ、イラン、トルコ、中国、韓国など、50か国以上を訪れ、現地の家庭で料理を習い、食文化の研究を続けている。自宅にて「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。TVの料理番組や雑誌で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ココアにんにく さん

    水と塩で漬ける「乳酸発酵漬け」初めて知りました。凄く簡単だし野菜以外に肉や魚にも応用できる。腸内環境に興味があり、いろいろ調べていたので嬉しい本です

  • ゆき さん

    野菜や果物や乾物や肉魚を塩水につけて発酵させるレシピとみそや豆板辣醤などの調味料の作り方。野菜の乳酸発酵漬けは保存食として便利に使いまわしできた。内容:野菜基本(水3カップ塩大匙1〜1と1/2、野菜500g、好みで旨味素材を保存容器に入れ蓋を軽く載せて1〜2日室温に、その後冷蔵庫で2週間)肉野菜の場合は常温保存せずにそのまま2〜3日冷蔵庫保存、冷蔵庫で3〜4日保存可能。

  • kurumi さん

    塩漬けを長めにしておくと乳酸発酵。いいかも。

  • enjurywon さん

    カサのある食材で作ると分量の水では浸かりきらず、室温に置いている間にカビが出ることがあるので要注意。キャベツとキノコは美味。人参もよいかんじ。

  • Aiko Handa さん

    生野菜を無駄にしがちな時に仕込んでおくといいかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品