「助けて」と言える国へ 人と社会をつなぐ 集英社新書

茂木健一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087207033
ISBN 10 : 408720703X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;18

内容詳細

ホームレスが路上死し、老人が孤独死し、若者がブラック企業で働かされる日本社会。人々のつながりが失われて無縁社会が広がり、格差が拡大し、非正規雇用が常態化しようとする中で、私たちはどう生きればよいのか?本当の“絆”とは何か?いま最も必要とされている人々の連帯とその倫理について、社会的に発信を続ける茂木健一郎と、長きにわたり困窮者支援を実践している奥田知志が論じる。

目次 : 対談 真のつながる力とは何か(健全に傷つくことができる社会へ/ キリスト教の思想とホームレス支援/ 生きる意味を問う)/ 絆は傷を含む―弱さを誇るということ(なぜ支援するのか―人は一人では生きていけない/ 対抗文化―光は闇の中に、東から/ 「俺は人間か」/ 他者からの言葉―「きっと笑える時がくる」/ 相互多重型支援―笑える牡蛎プロジェクト/ 人はなぜ絆を必要とするのか―創造論から/ 人はなぜ絆を必要とするのか―進化論から/絆のモノ化 私とそれ/ 絆は傷を含む―タイガーマスク現象とは何であったのか/ 助けてと言うこと―誇り高き人間として生きるために)

【著者紹介】
奥田知志 : 1963年滋賀県生まれ。日本バプテスト連盟・東八幡キリスト教会牧師。NPO法人「北九州ホームレス支援機構」理事長。関西学院大学神学部大学院修士課程修了

茂木健一郎 : 1962年生まれ。脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • AICHAN さん

    図書館本。子供がたくさん自殺する日本。彼らが誰かに「助けて」と言えていたら…。大人だって同じ。それが言えない雰囲気が今の日本にはある。東日本大震災後、絆という言葉が多用されるようになった。「絆」とはキズを作り合いつつ作っていくもの。つまり、人と人とが関わり合い、ぶつかり合って醸成されていくもの。現代はそういう本当の「絆」が失われている…。脳科学者の茂木健一郎とホームレス救済に奔走する牧師がこれからの日本のために語り合う。心に残る言葉がたくさんあった。

  • いろは さん

    脳科学者の茂木健一郎と、牧師であり北九州のホームレス支援に携わる奥田知志の共著。私がこの作品を手にした理由は、奥田知志が、「SEALDs」を創設した学生運動家の奥田愛基の父であるところから興味を持った。牧師、ホームレス、キリスト教という視点から、人と人との「絆」をテーマにした作品。現代に生きる人々の心の根底に、「苦しいのは皆同じ。」という言葉がある。そんな生き辛い現代に私達は生きている。だから、『助けて』とは安易に言えないのが解る。作家であり活動家でもある雨宮処凛様に是非とも読んで意見して頂きたいと思う。

  • ででちゃん さん

    聖書から引用しながら、自らも含めての弱者について、その救済について語る牧師さんの姿勢に共感しました。 「助けてといってもいいんだよ」と言われて涙を流す小学生の件は、ショックでした。 今は、子供でさえ、そんなに生き辛いのか、と。

  • こばまゆ さん

    本質的なことを語った1冊。居場所についても、ただ居心地がいい場ではない、そこで人が出会うという事は傷も含むことなのだ。には、とても共感した。人間の弱さや悪にも語られていて、私は納得することが多かった。最後のほうの息子さんの不登校の語りから、子ども達へのメッセージの内容は、特に胸にくるものがあった。本文中に灰谷健次郎の名前が出て郷愁を誘った。私も、10代の頃、灰谷健次郎の作品から大きく影響を受けた一人だったから。灰谷さんも、人の弱さと弱さの中にある光を表現した人だと思う。

  • しゅんぺい(笑) さん

    タイトルはいいものの、新書ということでそこまで期待してなかったのだけど、いい本に出会えました。やさしい対談でした。 奥田知志さんをこの作品ではじめて知ったのですが、おもしろい考え方をしていて、めちゃくちゃ共感した。 ここまでひととのかかわり方において共感したひとははじめてかもしれない。 出会うことは、そのひとを自分の中に住まわせること。そのひとのもたらす責任とか面倒を引き受ける覚悟をすること。 このひとの本を読んで、自分の考えを深めていきたいと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

茂木健一郎

1962年、東京都生まれ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学大学院物理学専攻課程修了(理学博士)。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。“クオリア”をキーワードに脳と心の関係を探究しながら、文筆家、批評家としても幅広く活躍する。著書多数(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品