おらおらでひとりいぐも 河出文庫

若竹千佐子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417547
ISBN 10 : 430941754X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
追加情報
:
191p;15

内容詳細

24歳の秋、故郷を飛び出した桃子さん。住み込みのバイト、周造との出会いと結婚、2児を必死に育てた日々、そして夫の突然の死―。70代、いまや独り茶を啜る桃子さんに、突然ふるさとの懐かしい言葉で、内なる声たちがジャズセッションのように湧いてくる。おらはちゃんとに生ぎだべか?悲しみの果て、辿り着いた自由と賑やかな孤独。すべての人の生きる意味を問う感動のベストセラー。

【著者紹介】
若竹千佐子 : 1954年、岩手県遠野市生まれ。岩手大学教育学部卒業。主婦業の傍ら、幼いころからの「作家になる」という夢を持ちつづけ、55歳から小説講座に通いはじめる。8年の時をかけて『おらおらでひとりいぐも』を執筆、2017年、河出書房新社主催の新人賞である第54回文藝賞を史上最年長となる63歳で受賞しデビュー。翌2018年、同作で第158回芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ナツメグ さん

    東北弁はリズミカルに読めるのだけど、他の部分が読みづらかった。せめて、主人公の年齢や夫が亡くなった時の年齢を早めに明示してくれればイメージしやすかったと思うんだけど。若い人には描けない内容。窓の水滴を見て数時間過ごせるようになるのか。でも、子供たちと疎遠になって一人で暮らす桃子さんの生活がそんなに悲壮感をもって描かれてないので、歳を取るのは怖くないと思った。

  • カノープス さん

    青春小説に対して後期高齢者小説とでもいうべき老女の思考を書き綴っている。方言がこれほど作品の質に影響を与えている小説を他に知らない。この1作を世に出すだけでも、作者は小説を書いた意味があるのではないだろうか。

  • プリン さん

    傑作でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

若竹千佐子

1954年、岩手県遠野市生まれ。岩手大学教育学部卒業。主婦業の傍ら、幼いころからの「作家になる」という夢を持ちつづけ、55歳から小説講座に通いはじめる。8年の時をかけて『おらおらでひとりいぐも』を執筆、2017年、河出書房新社主催の新人賞である第54回文藝賞を史上最年長となる63歳で受賞しデビュー。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品