いのちの巡礼者 教皇フランシスコの祈り

若松英輔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750516325
ISBN 10 : 4750516325
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
142p;19

内容詳細

38年ぶり2度目の来日を果たしたローマ教皇。
日本のカトリック界の代表として、その教皇のすべての来日講演に臨席した著者が、教皇が日本滞在中に残した言葉から「日本人がいま何を大切にしなければならないのか」のヒントを探る。

《著者情報》
若松 英輔(ワカマツ エイスケ)
1968年生まれ。批評家、思想家。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。
著書に『見えない涙』(亜紀書房、第33回詩歌文学館賞受賞)、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋、第16回角川財団学芸賞受賞)などがある。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    全てを超えた祈り。感謝です。

  • Yuko さん

    <弱き人々の届かぬ叫びとは何か。何を考え、どう行動するべきなのか。カトリック信徒でもある著者が、38年ぶりに来日したローマ教皇の言葉を深く味わいながら、現代日本の諸問題と希望の可能性を考える。> 2020年 直にお会いする機会を得られなかったのは本当に残念だったが、本著を通して、教皇フランシスコの来日の意味、そして彼の霊性に触れられたことに感謝したい。

  • セシリア さん

    若松英輔氏の本はこれで2冊目。2019年11月に実現した教皇フランシスコ来日の意義を深めるべく、来日前のインタビューや教皇滞日スケジュールを共にしながらの思索がまとめられている。『種まく人』でも感じたが、若松氏の思索の深さに導かれる一冊。若松氏の大学時代からの知人によると、氏の読書量は半端ないそうだ。

  • くらーく さん

    イエズス会ねえ。学生時代には必ず覚えているフランシスコ・ザビエル。現在もイエズス会があって、教皇フランシスコはそこからきているとか。へーだね。 来日前後に新聞、雑誌等に掲載されたものをまとめているので、同じことが繰り返し書かれている感は否めない。でも、だからこそ大事な事が分かってくる。フランシスコ教皇が弱いもの、貧しいものへ手を差し伸べる気持ちがとても強い事。いじめや差別について懸念している事。教会は差別なく自らが出向き寄り添うこと等々。 人格は環境が作ることも教えられる。安心安全に溺れていてはだめだな。

  • きょん さん

    寄り添い、祈りたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品