花を活ける人が必ず知っておきたい 基本セオリーがわかる花のデザイン 歴史・テクニック・デザインテーマ

花職向上委員会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416614006
ISBN 10 : 4416614004
フォーマット
出版社
発行年月
2014年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128p;26

内容詳細

音楽や建築などの分野と同様に、花の世界にも、これまで培われてきた技術や理論があります。花をデザインするうえで、そうした基礎はとても大切です。自由な発想だけでは限界を感じることがあっても、ベースとなる知識を身につけていれば、そこから新たなデザインを生み出すことができるのです。本書は「歴史」「造形・構成・テクニック」「テーマ」の3章に分けて、花のデザインをするうえで知っておきたい基礎知識や理論を解説。120の作例をもとに、わかりやすくアプローチします。初級者から上級者まで、花職=花を扱うすべての人に贈る、花のデザインの基礎理論テキストです。

目次 : 1 歴史(20世紀の遺産/ 重点の転移/ デザインとアート/ 魅せる場所・方法の変化/ 伝統的スタイル)/ 2 造形・構成・テクニック(複数焦点のテクニック/ スワリング施回(渦巻き)/ かたちと姿/ 非対称・対称・エキセントリック/ 基礎造形)/ 3 テーマ(景観の印象と解釈/ スタイルミックス/ グラフィック/ 現代テーマ・造形テーマ)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海戸 波斗 さん

    歴史が見えた。センスの問題で華道のオメンジョウ?なんて過去の遺物でしかないんだ。私の好きなように花をめでようと思いました。人にお見せするわけではないので評価無用ってことで、すっきりしました。

  • ちまはが さん

    題名の通り、写真をふんだんに使って歴史・テクニック・デザインが紹介されていたが、どれを見ても(自分にとって)魅力的な写真がなく、さらっと読み終えてしまった。ハマる人にはハマるんだろうが、この本を入門として選んだ自分には合わなかった。現代音楽を聴いているような心地だったこれまでにない斬新さや差別化が全面に出ているようで、直感的な美観や純粋に花を楽しむという心を感じなかった。この本で求められている美的センスが私にはなかったのだろうが、いささか認めたくない部分もあるので、苦し紛れのレビューを笑

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品