出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 河出文庫

花田菜々子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417318
ISBN 10 : 4309417310
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
248p;16

内容詳細

菜々子、33歳。職業、書店員。既婚、ただし家を飛び出し別居中、どん底人生まっしぐら。そんなある日、目についた出会い系サイト「X」に登録、初対面の人にぴったりの本をおすすめし始めて…これは修行か?冒険か?「本」を通して笑って泣いた、衝撃の実録私小説。読めば勇気が湧いてくる、感動のベストセラー。

目次 : プロローグ 2013年1月、どん底の夜0時/ 第1章 東京がこんなにおもしろマッドシティーだったとは/ 第2章 私を育ててくれたヴィレッジヴァンガード、その愛/ 第3章 出会い系サイトで人生が動き出す/ 第4章 ここはどこかへ行く途中の人が集まる場所/ 第5章 あなたの助言は床に落ちているホコリみたい/ 第6章 私が逆ナンを身につけるまで―そしてラスボス戦へ/ 第7章 人生初のイベントは祖父の屍を越えて/ エピローグ 季節はめぐる、終わりと始まり

【著者紹介】
花田菜々子 : 1979年、東京都生まれ。書店員。「ヴィレッジヴァンガード」「二子玉川蔦屋家電」「パン屋の本屋」などを経て、現在は「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」店長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ムーミン さん

    本で人とつながる面白さ、分かる気がします。

  • スエ さん

    ご存知「ヴィレッジヴァンガード」の女店長。夫と別居中に出会い系サイトにハマる。(ほぼ実話だそうです。) 「憑かれたように人に会って会って会いまくった。」…とにかくアグレッシブ! 実際に会う人達は、実に千差万別。そして一人ひとりに合う本を勧める。思っていた内容と全く違う、不思議なドキュメンタリー。 とにかく色んな本がバンバン紹介され、思わず読みたくなってしまった。作者の本への思い入れが痛いほど伝わってくる作品でした。

  • Natsuko さん

    自分に合うか不安だったが面白くて一気読み。人生の岐路に立った著者が思い立って出会い系サイトで初対面の人にお薦め本を選ぶことに。いろいろあっても「自分は人のために本を選ぶのが好きだ」ということが分かっているのは幸せなこと。個性的な面々へのお薦め本とその理由…一万冊の脳内リストに舌を巻く。上司に30冊を選ぶ場面の気迫も凄かった。書評本であり、「仕事とお金と好きなこと」を考えさせられる人生指南本でもある。現在も「AI対書店員の選書対決」など画期的な企画で活躍中らしい著者に、一度本屋さんでお会いしてみたい。

  • karutaroton さん

    文庫では読んでないけど、他の人の感想知りたいので登録。この本読んだ後、SNSを通じてリアルでも友達が結構増えたので、そういう意味では自分の行動を変えた本かも。——— 僕もよく、世の中これだけたくさんいるんだから、もっといろんな人とコミュニケーションできたらなー、と思ってるので共感。全く知らない人との出会いは、お酒飲んでて隣の人と仲良く、とかくらいやな。あと、遠藤さんが最後の方で言ってた、『「いつか気が変わってやらせてくれる日が来るかも」っていうのがあればそれでいいの』というのはなんか分かるなー。

  • Shun さん

    出オチのようなタイトルですが本書は至極真っ当なノンフィクション本です。多様な読書歴を売りに初対面の人におすすめの本を紹介してきた1年間の記録。出会い系サイトと言えばいかがわしいイメージが先行しますが、出会う相手は男女の別なく、人脈を広げたり新たなスタートアップを興しそうな人や単純に出会い系として利用する人など混淆とした世界が広がります。この経験を通して著者が悩み考え抜いた結果、これだけ面白い体験談になりそして励まされる本ができたことに尊敬できます。魅力的な人が集まって行われたビブリオバトル回は必見です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

花田菜々子

1979年、東京都生まれ。「ヴィレッジヴァンガード」、「二子玉川蔦屋家電」ブックコンシェルジュ、「パン屋の本屋」店長を経て、2020年現在「HMV&BOOKS HIBIYA COTAGE」の店長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

花田菜々子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品