蜜柑 立東舎 乙女の本棚

芥川龍之介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784845632480
ISBN 10 : 4845632489
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
げみ ,  
追加情報
:
43p;17X19

内容詳細

目次 : 〜芥川龍之介の『蜜柑』がイラストレーター・げみによって、 / 鮮やかに現代にリミックス。不朽の名作が、今、新たに / よみがえる。人気シリーズ「乙女の本棚」第7弾! / 小説としても画集としても楽しめる魅惑の1冊。〜 / 全イラスト描き下ろし (著者:芥川龍之介/絵:げみ) / (サイズ: 19x17x1cm)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 旅するランナー さん

    汽車から放たれる蜜柑。文と絵が一体となって、穏やかに心に残るこの短編を美しく描写している。私の心の上にも、切ないほどはっきりと、この光景が焼きつけられた。素晴らしい一冊です。

  • 美紀ちゃん さん

    夕陽と蜜柑の色が鮮やかで、深く心に残る話。芥川龍之介はほぼ全作品読んでいて、 「蜜柑」は好きな作品。 こんなに素敵なイラストをつけてくれて、げみさんありがとう。

  • kinkin さん

    「蜜柑」は芥川龍之介のなかでも好きな一編でなんども読んだ小説だ。イラストと一緒に読む「蜜柑」も味があっていいなあ。本来は文字から情景を読み取るのだけれどイラストがある分、読見終えるのも早かった。特に列車から投げる蜜柑のシーンは私の頭の中にあったシーンとピッタンコなのですこし嬉しくなった。いまは列車の窓を開けたり当然煙が入ってくることはないがそれだからこんな小説も現れないと思った。図書館本

  • chimako さん

    垢じみた少女が煙も厭わず開けた汽車の窓から幼い弟たちの元に落ちていく色づいた蜜柑。貧しい家族の暮らしぶりが目に浮かぶ。ひっそりと肩を寄せあい、しかしそこには家族にしか分かり得ない温もりと慈愛に満ちた瞳がある。弟たちは寂しくて泣いただろう。奉公に出る姉は慰めながら、きっと自らも涙を流したに違いない。その汽車に乗っていた男性の目線で語られる一瞬の出来事。少女の胸の内は何一つ語られないが、達人の文章は読み手の気持ちをつかんで何とも言えない読後感を与えた。お見事!

  • 寂しがり屋の狼さん さん

    【乙女の本棚】シリーズ3冊目📚️汽車にたまたま乗り合わせた男と娘の短い物語。芥川龍之介の文章に『げみ』さんの綺麗な挿絵が物語に動きと色を与えて、素直に心に響いてきます。文章もなく見開きいっぱいに描かれた蜜柑を投げるシーンにこの物語の全てが込められてると想う🍊

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

芥川龍之介

1892(明治25)年東京生まれ。東京帝国大学英文学科卒。東京帝大在学中の1914(大正3)年、第一高等学校同期の菊池寛、久米正雄らとともに第三次「新思潮」を創刊。同誌に翻訳と創作を発表する。1916年、第四次「新思潮」創刊号に発表した「鼻」が夏目漱石に絶賛され、注目を集める。従来の自然主義的手法を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品