トロッコ・鼻 21世紀版少年少女日本文学館

芥川龍之介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062826563
ISBN 10 : 4062826569
フォーマット
出版社
発行年月
2009年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,253p

内容詳細

文豪たちの香り高い文章を味わえる明治の傑作短編を収録した、児童向け日本文学全集の決定版。本書には、芥川龍之介の「羅生門」「鼻」「煙草と悪魔」「戯作三昧」「蜘蛛の糸」など、全12編を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美紀ちゃん さん

    京都宇治の僧侶の話。大きさ形が他の人とは違う鼻を持っていたため、食事等がたいへん不便だった。鼻を小さくできる方法を聞き、試みたが、鼻が大きな時より、小さくなってからの方が、余計に笑われたり陰で話題にされたり、非常に不愉快。ある朝また鼻が腫れてきて前のようにまた大きくなる。そこで僧侶はこれで悪口を言われずに済むと、ほっとする。高い地位の僧侶の話だが、鼻の事で悩む様はたいへん人間的。「鼻」って秋の話だったんだね、改めて発見した。

  • 月夜乃 海花 さん

    子供向けの作品が多いように感じた。解説が丁寧だったので、文学に慣れてない大人にもおすすめできると思う。 流石に子供向けの作品集にに河童や歯車は載せられないか… 蜜柑が収録してあったのが、個人的に嬉しかった。

  • おとなふみちゃん さん

    芥川の作品集。 『羅生門』 『鼻』 『たばこと悪魔』 『戯作三昧』 『蜘蛛の糸』 『蜜柑』 『魔術』 『杜子春』 『トロッコ』 『雛』 『白』 『少年』

  • こどもふみちゃん  さん

    このシリーズは、言葉の説明が文章の横についていてとても分かりやすかった。小学生にお薦め。 今回は、トロッコのみを5歳長男に読んだ。

  • 黎 さん

    宝石箱を一つずつ開けてみるような、お楽しみの短編集。緊張感を失わない文章は短編こそ輝く。子どものころ最初に読んだせいか「蜘蛛の糸」がやっぱりすき。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

芥川龍之介

明治25(1892)年東京生まれ。東大在学中に豊島与志雄や菊池寛らと第三次「新思潮」を発刊。大正5(1916)年に発表した「鼻」が夏目漱石に激賞され、続く「芋粥」「手巾」も好評を博す。後年は、厭世的人生観に拠った作品を手がけ、また小説の「筋」をめぐり谷崎潤一郎との文学論争に至った。昭和2(1927)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品