黒冷水 河出文庫

羽田圭介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407654
ISBN 10 : 430940765X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年11月
日本
追加情報
:
15cm,285p

内容詳細

兄の部屋を偏執的にアサる弟と、罠を仕掛けて執拗に報復する兄。兄弟の果てしない憎しみは、どこから生まれ、どこまでエスカレートしていくのか?出口を失い暴走する憎悪の「黒冷水」を、スピード感溢れる文体で描ききり、選考委員を驚愕させた、恐るべき一七歳による第四〇回文藝賞受賞作。

【著者紹介】
羽田圭介 : 1985年、東京都生まれ。2003年、『黒冷水』で第40回文藝賞を17歳で受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
史上最年少、17歳で文藝賞受賞。お互いにス...

投稿日:2021/04/10 (土)

史上最年少、17歳で文藝賞受賞。お互いにストーキングを繰り返す兄弟の一挙 手一投足が、これでもかというぐらいに細かく偏執狂的に描かれる。

どん さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ★グラスハート★ さん

    2.5 17歳で文藝賞を受賞し、デビュー作。 弟が兄の机をあさり、兄は弟にトラップをしかけたり反撃する兄弟喧嘩なんだけど、表ざってはやり合わないがエスカレートしていく兄弟喧嘩。衝撃の弟の崩壊!と思ったら…まさかの衝撃的なラスト。 個人的には後半はリアリティが薄くなってきたので、あまり好きではないけど、17歳でこの作品を書くとはセンスの塊。

  • オーウェン さん

    羽田さんの初読みはこのデビュー作から。 デビュー時が17歳という若さであり、この兄弟の諍いを描いたドラマというのは自身の体験なのだろうか。 兄の正気と弟の修作のやり取りが主であり、修作の正気の部屋を漁るという習性。 それに対し正気は怒りを覚え報復するが、段々と狂気をはらんでいく展開。 危ういのレベルがのし上がっていくのが手に取るようにわかるし、エスカレートしていく様にどういう決着をつけるのか。 ラストは多分羽田さんなりのブラックユーモアなのだろう。 個人的にはあれは無くてもいいかなと思ったけどね。

  • アッシュ姉 さん

    羽田さん二冊目。陰気で粘着質なところがどうにも苦手で合わないようです。表面を追うのが精一杯で、作品の真の姿を捉えることができませんでした。

  • yumimiy さん

    黒く冷えた水?アイスコーヒー・麦茶・烏龍茶、間違って飲んだ麺つゆか?という話ではない。仁義なき兄弟戦争って感じ。争う相手もなくボーっと生きてきた自分には興味津々。思ったのは二人兄弟よか、頑張って三人いや、いっそ十人とか、協力なしでは生きていけない状況なら殺意を抱く暇もないだろう。また、兄弟は他人の始まりという以前に身内の殺人事件が多いのは異常だ。どこかの北の方もお兄ちゃんを暗殺しちゃうんだから異常。さて、羽田氏これが17歳デビュー、乙一氏と同じなんですね。誠に言いにくいのですが乙一氏の感性の方が好きです。

  • みどくん さん

    初読み!作家さんが面白い人なので…デビュー作を読んでみようと…いやぁぁ〜下らないけど…人間の心のどす黒い部分が〜!面白い!ハラハラドキドキ!結末が気になる!そんな一冊でした。内容は…兄の机やら本棚からエッチ本を弟が漁り…漁られないように兄が罠を仕掛ける。まぁ!よくある兄弟の争いから…どんどんエスカレート。仲良く二人で見たら良いのに〜(笑)。結末の兄弟がどうなるのか…そしてラストは…とにかくビックリ!こんなストーリーを17歳で書いたなんて…17歳だから書けたのかなぁ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

羽田圭介

1985年東京都生まれ。明治大学商学部卒業。2003年「黒冷水」で文藝賞を受賞しデビュー。2015年「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品