羽生結弦 魂のプログラム

羽生結弦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784403311260
ISBN 10 : 4403311261
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
30

内容詳細

羽生結弦が描く、強く凛々しく美しい物語……
幼い日から現在まで滑ってきた珠玉のプログラムの数々を、厳選写真と作品解説で綴るオフィシャル写真集!


《目次》
第1章 オリンピック連覇、王者の証明
王者にとっては、成功さえも試練だった。だが、それを乗り越え、磨かれた魂と鍛えられた心で再び手にした金メダル。偉大な快挙を世界が祝福した。

第2章 オリンピック・チャンピオン誕生
故郷・仙台を旅立ちトロントへ。被災地やファンからの応援を受け止めて、悔しさを原動力に、到達した世界の頂点。

第3章 ジュニアの世界王者へ
4歳でフィギュアスケートに出会った。「オリンピック金メダリストになる」。純粋で志高い思いには、素晴らしいパワーが秘められていた。

【著者紹介】
羽生結弦 : 1994年12月7日、宮城県仙台市出身。2014年ソチ・オリンピック、2018年平昌オリンピックで2大会連続金メダル。世界選手権2回、グランプリファイナル4回、全日本選手権4回の優勝を誇る。4歳でスケートを始めた。2009年ジュニアグランプリファイナルで史上最年少の14歳で優勝。2010年世界ジュニア選手権優勝。2011年ロステレコム・カップでグランプリシリーズ初勝利。2012年世界選手権ではSP7位から逆転で銅メダルを獲得。2012年グランプリ2戦でSPの世界最高得点を立て続けに更新、同年全日本選手権初優勝。2013年グランプリファイナルでSPの世界最高得点を更新して初優勝。以降、SP最高得点を保持し続ける。2014年ソチ・オリンピックのSPで史上初の100点超えを果たし、歴代2番目の若さである19歳でアジア男子初の金メダルに輝いた。さらに2014年世界選手権で初優勝し、3冠を達成。2015年NHK杯で史上初の300点超えを果たして優勝すると、翌月のグランプリファイナルで330.43点という大記録を樹立。2015年全日本選手権4連覇。2016年オータム・クラシック・インターナショナルで史上初の4回転ループを成功。2016年グランプリファイナルで4連覇を成し遂げた。2017年世界選手権でフリーの世界最高得点を塗り替えて2度目の優勝。2017年オータム・クラシック・インターナショナルでSPの世界最高得点7度目の更新。2017年NHK杯の公式練習中に右足を負傷して棄権し、休養に入る。2018年2月、3カ月ぶりに実戦復帰した平昌オリンピックで、66年ぶりの男子シングル2連覇という偉業を達成した。2018年7月、フィギュアスケート選手初の国民栄誉賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 澤水月 さん

    平昌からジュニア、それ以前のノービスへと遡る写真集。成長を追うように思わず最後から逆に眺めてしまった。パガニーニの黄色衣装をこんな美麗画質で見られるとは。平昌から後のファンにも良いかと

  • パンジャビ さん

    これも評判良き。平積みをつい買ってしまった。置き場所確保の問題があるので、羽生選手関連は、今後は厳選に厳選を重ねなければ…と思ってるけど、これは凄く好き。オフ写真が最後の一枚だけで、あとは試合関連ばかりなので(本の趣旨から当然か?)試合中の羽生選手が好きな自分にはピッタリ。好きな写真も多かった。羽生選手は、ほんと絵になるよなぁ。今から昔に辿る構成も面白く。だんだん可愛くなっていくけど、昔からいい顔してるのが良く分かる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

羽生結弦

1994年12月7日、宮城県仙台市生まれ。全日本空輸(ANA)所属。幼少期よりスケートを始める。2010年世界ジュニア選手権男子シングルで優勝。13〜16年のGPファイナルで4連覇。14年ソチ五輪、18年平昌五輪で連続金メダル獲得の偉業を達成。18年個人最年少での国民栄誉賞を受賞。20年には四大陸選

プロフィール詳細へ

羽生結弦に関連するトピックス

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド