夏目友人帳 23 花とゆめコミックス

緑川ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592193739
ISBN 10 : 4592193733
フォーマット
出版社
発売日
2018年09月05日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

三隅高校の氷室先輩に「テンジョウさん」と呼ばれる絵の言い伝えを聞いた夏目達。その絵に興味津々な西村・北本・田沼と共に、捜索隊を結成し手分けして探す事に。だが氷室先輩に「絵を見つけてしまっても、見ない方がいい」と言われ…?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちいこ さん

    今回も切なくも愛おしい気持ちになりました。

  • 眠る山猫屋 さん

    前半のなんとも言えない緊迫感。氷室先輩も謎のおじいさんも、病院の気配も町行く人々も皆、あやかしに見えてきちゃうよ!そして後半、儀式を邪魔する一つ目が可愛い。儀式そのものは恐ろしいが。人間の言葉を拾ってしまった妖怪たちのタイムスケールが切ない。

  • ままこ (美白ベビーバージョン(*ΦωΦ*)/) さん

    夏目を取り巻く環境も夏目自身も少しずつ変わってきてる。『テンジョウさん』学校の怪談的な話も意外な結末だったけど楽しめた。でもあんなものが学校にあったら怖いな。あのおじいさん見た目が妖みたいだった(笑)『約束の残る家』滅んでしまった祓い屋一族のしきたり。一途な妖の不毛な恩返し。思い込みや時間の感覚などはやはり人との違いがあるなぁ。あとがきも面白かった。

  • ニャンゴロウ さん

    最初の頃はあやかしと人間の切ない話に涙していたが、段々と孤立していた夏目に友だちができて、悩みを打ち明ける人もできてという人間どうしの話も増えて読みごたえが更に増している。ずっと読んでいたい優しいマンガ。癒される。

  • くりり さん

    テンジョウさん、普通の高校ホラー話っぽくて面白い♪ 夏目・名取・的場が仲良く?活動してるのも先の展開が楽しみ♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

緑川ゆき

1998年、『珈琲ひらり』にてデビュー。 代表作に『あかく咲く声』『緋色の椅子』『夏目友人帳』など。

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品