夏目友人帳 17 花とゆめコミックス

緑川ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592193678
ISBN 10 : 4592193679
フォーマット
出版社
発行年月
2014年01月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

おつかいからの帰り道、幼なじみの女の子を探す不思議な少年・葵と出会った夏目。彼女の学校さえ知らず手がかりを求める葵を自分の学校まで案内することに。そこである秘密を知り…? 名取と的場の過去がひも解かれる特別編も収録。あやかし契約奇譚第17巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 匠 さん

    妖が見えてしまう夏目と祓い屋の的場、名取。それぞれの妖とのスタンスや彼らの歩む道を思うと、名取が一番不憫に思えてちょっとせつなかった。今巻では久しぶりに人間と妖の慕情を描いた話もあって、初期の頃のつばめや蛍の話や『蛍火の杜へ』を思い出しながら読んだ。あの頃に比べると夏目も随分成長し、妖たちとの接し方も変化してきていて感慨深いものを感じる。それと前から書こうと思ってたんだけど、緑川さんの描く妖たちや払い屋たちのほとんどの和装が明治時代のスタイルで、そんな部分もけっこう好みだったりする。今後の展開も楽しみだ。

  • cucky さん

    がっっつり恋の話。 すっっごく良かったなぁ泣 的場と名取の話も初々しくて良かったなぁ。 名取の、トカゲは何なんだろうなぁ? 次もゆっくり読み進めたい。

  • ぽいずんべりぃ さん

    名取さんの過去編が!!前はあんなにとがってたんですねぇ。若いなぁ〜。ニャンコ先生が呪いで石に!?と勘違いした夏目が可愛くて笑った(艸*>3<*)∵ぷっ

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    著者のあとがきに、初期の頃の不安定な夏目がなつかしそうな記述あり。動画だと表情の変化がよくわかるので、早く次の動画を期待したい。

  • exsoy さん

    人と妖の恋だったり、名取さんと的場さんの微妙な関係だったり、なんだか今までの作風とちょっと違う。まるで少女マンガみたいだ!(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

緑川ゆき

1998年、『珈琲ひらり』にてデビュー。 代表作に『あかく咲く声』『緋色の椅子』『夏目友人帳』など。

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品