夏目友人帳 13 花とゆめコミックス

緑川ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592193630
ISBN 10 : 4592193636
フォーマット
出版社
発行年月
2012年01月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
168p

内容詳細

ある日、祓い屋一門の当主・的場からの手紙を受け取った夏目。ところが、読む前にそれを無くしてしまう。内容がわからず不安を覚える中、的場本人が現れた! 彼の目的とは──!? 夏目と友人・西村&北本の出会いや交流を描いた特別編2話も収録。あやかし契約奇談第13巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒロ@いつも心に太陽を! さん

    名取が破り捨てた的場の手紙にはどんなことが書かれていたのか、気になる。気になる。気になる。西村と北本との番外編も新鮮でよかったなぁ。そっか、二人にはそんなバックボーンがあり、夏目との出会いはそんな風だったのか、と、より私の中でイメージされる夏目の世界に深み(厚み?)が増した感じ。緑川先生はこういうこまやかな人の心の機微を描くのがうまいなぁと思う。1/4スペースに書かれていた田沼に関するコメには笑えた。「夏目が来ると仲良くなろうとしてそわそわしだして、夏目もつられてそわそわしてしまう」本当だ(笑)

  • まりもん さん

    困った時に名取さんを頼り、影から名取さんを守ろうとする夏目がまた良かった。的場の内側も見ることが出来たがやはり的場がいる場にはなじめない夏目がありにゃんこ先生がいてくれて良かったと思う話だった。

  • exsoy さん

    もしかしてこの単行本自体が夏目の友人帳なんじゃないかと思えてきた。作中に出てくる「レイコの」友人帳ではなく。

  • 匠 さん

    名取の言葉が胸に残る。その言葉に嘘はないのだと思う。だけど、友人帳の存在を知らせるのはやめておいている夏目君。一方、的場からの誘いも受けて・・自分が守りたいものをどう守れるのか、何とどう闘えば良いのか悩む彼をじっくり描いていた。でも答えはすでに出ているような気がする。夏目君を守るニャンコ先生を見て「どういう契約したんだ」と聞く的場に、「契約じゃない、約束したんです」と応える・・その言葉にこそ、今後の指針となるものがあるんじゃないだろうか。

  • koyoshi さん

    このシリーズは読み終わるといつも胸がキュウ〜っとなる。今回は妖との話ではなく、人がメイン。的場さんがしきりに言う「守ってあげますよ」という言葉が印象的だった。彼も沢山乗り越えてきたんだなぁ、という感じ。アニメも始まったし、まだまだ夏目から目が離せない!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

緑川ゆき

1998年、『珈琲ひらり』にてデビュー。 代表作に『あかく咲く声』『緋色の椅子』『夏目友人帳』など。

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド