夏目友人帳 10 花とゆめコミックス

緑川ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592186700
ISBN 10 : 4592186702
フォーマット
出版社
発行年月
2010年07月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18cm,151p

内容詳細

祖母の遺品で、多くの妖の名を預かった「友人帳」を受け継ぎ名を返す日々を送る夏目。ある日突然現れた昔の同級生・柴田に強引に連れられ女子高生・村崎と出会う。後日胸騒ぎを覚えた夏目が駆けつけた先で目にした彼女の正体とは…!? メガヒットあやかし契約奇談第10巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • エンブレムT さん

    この巻も「読めて良かった!」って思える、穏やかな読後感でした。過去の夏目を知るかつての同級生・柴田が「新たなトラブル・メーカーか?」って感じに登場してハラハラしましたが・・・。「夏目と柴田」「人と妖」「反目しあう神同士」それぞれが選んだ道が、切なくも優しくて胸に染みてきました!夏目と名取の距離が近くなっていく感じもイイです〜♪

  • 匠 さん

    かつて夏目君を嘘つきと呼んでいた柴田が妖怪とは知らずに少女に恋してしまう話が、なんともせつなくて良かったけれど、そのおかげで夏目君との和解にも繋がってホッとできた。それと豊月祭の話を並べるとこの10巻のテーマは「嘘」だったんだなと。ヒヤッとやきもきする展開もあったけれど、客観的に見ると、信じるとは何か?ということが描かれていたと思う。

  • まりもん さん

    昔、自分を苛めていた奴が突然現れて、気になる恋人が本当に人間?ていうのを確認してもらうなんて。最初は人間だと言ってしまったのだが、実は妖だった。ただ力が弱っていて人を食べようなんて考えて過ごしているからその友人を守ろうと夏目が走る。お互いに恋をしてしまった純粋な気持ちを持っているようなので、2人を何とかしようとする夏目って柴田とすでに友情を作ってるようだ。 名取が依頼された件と夏目が妖に頼まれた豊月の身代わりが絡み合って、お互いに協力してこの妖達の祭りを何とか成功させることに。

  • wata さん

    人間と妖の恋は、いつも切なくて…。夏目、ついに神になった?!なかなか様になってた!

  • くりり さん

    豊月神と不月神の戦いに巻き込まれる。妖どころじゃない、神だし(゜ロ゜;ノ)ノ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

緑川ゆき

1998年、『珈琲ひらり』にてデビュー。 代表作に『あかく咲く声』『緋色の椅子』『夏目友人帳』など。

プロフィール詳細へ

緑川ゆきに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド