自薦THEどんでん返し 双葉文庫

綾辻行人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784575518931
ISBN 10 : 457551893X
フォーマット
出版社
発行年月
2016年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
278p;15

内容詳細

十七歳年下の女性と結婚した助教授。妻が恐るべき運命を告白する…。ベストセラーを目指せと、編集長にたきつけられた作家はどこへ…。完璧なアリバイがあるのに、自分が犯人と供述する女子高生の目的は…。貸別荘で発見された五つの死体。全員死亡しているため、誰が犯人で誰が被害者なのか不明だ…。推理作家が、猟奇殺人の動機を解明すべく頼った人物とは…。独身の資産家を訪ねた甥。その甥には完全犯罪の計画があった…。六つのどんでん返しが、あなたを虜にする。

【著者紹介】
綾辻行人 : 1960年、京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。87年に『十角館の殺人』でデビュー。“館シリーズ”他で新本格ムーヴメントの嚆矢となる。92年、『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞を受賞

有栖川有栖 : 1959年、大阪府生まれ。同志社大学卒。書店勤務を経て、89年『月光ゲーム』でデビュー。論理性を重視する本格推理作品を手がける。2003年、『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞を受賞、2008年、『女王国の城』で本格ミステリ大賞を受賞

西沢保彦 : 1960年、高知県生まれ。米エカード大学創作法専修卒業。95年に『解体諸因』でデビュー。奇抜な設定と論理性を両立させた作風で、本格ミステリとSF的手法を融合させた作品も手がける

貫井徳郎 : 1968年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。93年、鮎川哲也賞最終候補作の『慟哭』でデビュー。2010年、『乱反射』で第六三回日本推理作家協会賞、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を受賞

法月綸太郎 : 1964年島根県生まれ。京都大学法学部卒。88年に『密閉教室』でデビュー。ロジカルかつ大胆な着想で本格ミステリを生み出す。2002年、「都市伝説パズル」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2005年、『生首に聞いてみろ』で本格ミステリ大賞を受賞

東川篤哉 : 1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。2002年、カッパ・ノベルス新人発掘シリーズの一冊『密室の鍵貸します』でデビュー。11年、『謎解きはディナーの後で』で本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    6編のアンソロジー。タイトルで読んでみたけど4/6は既読だった。一番よかったのは西澤さんの作品でした。

  • nobby さん

    この作家陣容での自薦にハズレがある訳がない♬“どんでん返し”というより最後に「おぉっ!」って感じ(笑)綾辻さん:貫禄のホラー展開から思わず「そっちか!?」と叫ぶラスト。有栖川さん:ありえそうなSF設定から「やっぱり…」な読後感モヤモヤ。西澤さん:反転の推理から導かれる真相が物悲しい。貫井さん:吉祥院達によるガチなミステリにクスッと出来るが少し物足りない…法月さん:初読みがカニバリズムとは(笑)眉ひそめる事実明かされてからの見事なオチはお見事!東川さん:密室をしっかり組み立てた上での最後の一言が潔くて爆笑!

  • Miyuki Usa さん

    貫井さん以外、興味はあれどなかなか読めていなかった作家さんばかりだったので気が向いて。6つの短編なのでとっつきやすかった。どの作品も、うわぁ…と後ずさりたくなる、見事な出来映え。西澤さんと法月さんの話がいちばん、うわぁぁ…と。面白かった。

  • chinayo さん

    タイトルのセンスが好きではないが、どの作者の作品も面白く読めた。

  • hnzwd さん

    希代の作家によるどんでん返し六選。未読は東川さんだけでしたが、既読作品もどんでん返しっぷりを堪能しました。読んだのが昔過ぎて覚えてないという。。伏線きっちりの作品ばかりなので二度読みでも問題無いクオリティということで。館シリーズ以外でも、絢辻さんはやっぱり面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

綾辻行人

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院博士後期課程修了。87年に『十角館の殺人』で作家デビュー。これを引き金に巻き起こった「新本格ムーブメント」は、推理小説界の一大潮流となった。92年には『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。2018年度、第22回日本ミステリー文学大賞

プロフィール詳細へ

綾辻行人に関連するトピックス

  • 綾辻行人ほか「7人の名探偵」 「名探偵」をテーマに、気鋭の作家7人による傑作ミステリー!綾辻行人「仮題・ぬえの密室」ほか、歌野晶午、法月綸太郎、有... HMV&BOOKS online|2017年09月01日 (金) 10:00
    綾辻行人ほか「7人の名探偵」

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品