十角館の殺人 講談社文庫

綾辻行人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061849792
ISBN 10 : 4061849794
フォーマット
出版社
発行年月
1991年09月
日本
追加情報
:
15cm,375p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    今隆盛を誇る新本格はここから始まった。正に歴史を覆すだけのパワーを持った傑作と云えるだろう。なにしろあの一行で世界が壊れる感じがするもの。※未読の方へ:ここのコメントにはこの作品の生命線とも云える部分をネタバレしている心無いコメントがありますのでご注意下さい。

  • hiro さん

    初綾辻行人作品。日常ミステリ作品を読むことが多いが、満を持してこの名高い本格ミステリ作品を読んだ。まず、この大変良くできた作品が綾辻さんの処女作だということに驚く。読了後、続けて「館シリーズ」を読みたいと思った。ただ、探偵役が本土と島に別れているような感じがして、本来の探偵役の島田潔がまだ中途半端な感じがした。また、みなさんの感想にもあるように、第2の連続殺人の動機が弱いような気もする。さらに、一番の違和感があったのが、なぜか研究会のメンバーが互いのニックネームで呼び合うことだ。でも本格ミステリは面白い。

  • はらぺこ さん

    オモロかった。先日『誰もいなくなった』を読んでおいたのもラッキーやったかも。知らんでも大丈夫やけど知ってたら楽しみが増えると思うので、今後は国内外問わず古い作品も読んでおこうと決めた。 文庫版あとがきに『宇野冬海女史こと小野不由美さん〜』ってのがありますけど、小野不由美さんは奥さんですよね?宇野冬海女史って登場人物にはいなかったと思うので、小野さんの本名(旧姓?)か何かでしょうか?気になります。

  • takaC さん

    !!

  • ミホ さん

    本格ミステリということで気になっていましたが、怖がりなのでなにぶん手に取らず『コナン読めるならいける』の一言で実は完全に背中押されました(笑)トリックまでは読めませんでしたが犯人動機は予想内でしたのですんなり割と。丁寧でしっかりしてるのに説明ばかりでなく、とても読みやすくかったです。あの一行ですね、あれは良かった。その場面の表情描写が浮かぶようで、なんかもう色々詰まっててちょっと感動した口です(・ω・)デビュー作と、、良作でしたね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

綾辻行人

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。’87年に『十角館の殺人』で作家デビュー、“新本格ムーヴメント”の嚆矢となる。’92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。’18年度、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品