青の誓約 市条高校サッカー部

綾崎隼

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048935661
ISBN 10 : 4048935666
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
289p;19

内容詳細

好きな人が、好きな人と、 幸せになれたら良いのに。

青森市条高校サッカー部は奇跡のチームだった。稀代の名将と、絶対的エースの貴希に導かれ、全国の舞台に青の軌跡を描いたのだ。
 あの頃、サッカー部の部員たちは、誰もが一度はマネージャーの真樹那を好きになっている。だが、皆が理解していた。真樹那が幼馴染みの貴希を愛していることを。そして、その貴希が別の誰かを愛していることを……。
『青の誓約』を胸に刻み、少年たちは大人になる。
 恋愛小説の名手による新時代の青春群像劇、開幕!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
友への憧れや嫉妬、恋の話が高校のサッカー...

投稿日:2018/05/31 (木)

友への憧れや嫉妬、恋の話が高校のサッカー部を軸に展開し、登場人物たちの人生や関係性が現在、過去、異世界を背景にしたエピソードで丁寧に描かれています。各エピソードの主人公たちが抱える思い通りにならないモヤモヤした感情に共感したり、ヤキモキしながら青春の余韻に浸れる作品です。

kkk さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    稀代の名将と、絶対的エースの貴希に導かれ、全国の舞台に青の軌跡を描いた青森市条高校サッカー部。当時の部員たちそれぞれのその後を絡めて描かれる青春群像劇。冒頭でいきなり異世界転生モノ展開になったのには驚きましたが、全体としては貴重な体験を共有した部員たちの複雑で繊細な心境が描かれてゆく連作短編集で、誰とも真摯に向き合って皆に好かれているのに、報われない片想いを続けていた真樹那に希望が見えた結末には救われた気分になりました。それにしても聖夏の話はその後がありそうな雰囲気で、機会があるならまた読んでみたいです。

  • kitten さん

    単行本で購入。レッドスワンサーガは、恋愛をスパイスにしたガチのサッカー小説だったけれども、こっちは、むしろ恋愛がメイン。一つ目の聖夏の話があまりにぶっ飛んでて(しかも、まさかのオチ)大丈夫かと不安になったけれども、他のやつはちゃんとした話だったので問題ない。どこまでも一途な片想いの話。少しは先に進むのだろうか?気になるのはレッドスワンとの関係。死闘があったことしか書いてない。どっちが勝ったのかは、今後、続きがあれば。その為には、売れ行きがよくなければ。つまり、買うしかない。評価、星3,

  • よっしー さん

    久しぶりの綾崎さん‼ レッドスワンを読んで、サッカーが好きなのだろうとは思っていましたが、また新作にお目にかかれるとは〜と嬉しくなりました。 時系列が入り交じりつつ、異次元の話になりつつ…。沢山の突っ込みどころもありましたが、文章で読んでもサッカーは楽しいなと思える一冊でした。あとがきも含めて楽しく読める一冊でした。レッドスワンに出てきた面々にも会えたので、それも嬉しかったです。

  • きあら さん

    レッドスワンの高槻優雅の父・高槻涼雅が監督を勤める青森の市条高校サッカー部を舞台にした、5話+1話の短編集。最初の話がいきなりの舞台設定だったので驚きましたが、どれも恋愛を主軸にした、甘酸っぱく切ない話。気になった部分も別の話の中できっちりフォローされていて読後感スッキリ。個人的には献身的に影で支えられていた話に弱いので、二人きりの椅子取りゲームが心に刺さった。

  • かん さん

    最後あっさりと落ち着いたなー。向こうの世界との行き来がどうなっているのかがとても気になる。HMVで予約してワカマツさんのイラストカードもゲットできて満足。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品