細野晴臣インタビューTHE ENDLESS TALKING 平凡社ライブラリー

細野晴臣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582765502
ISBN 10 : 4582765505
フォーマット
出版社
発行年月
2005年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
北中正和 編
サイズHL版
336ページ

商品説明

はっぴいえんど、キャラメル・ママ、ティン・パン・アレー、YMO、FOE……。つねにポップでアヴァンギャルドな細野ワールドの核心に迫る。30年の親交から生まれた、会心のインタビュー。

内容詳細

はっぴいえんどの時代から、ベーシストとして、ソングライターとして一貫して日本のロックの最先端に立ち続けてきた細野晴臣。ソロ活動、ティン・パン・アレー、YMO、HIS…めまぐるしく変貌する多彩な細野サウンドの「謎」を徹底インタビューで解き明かす。

目次 : 1 飛べない空/ 2 風をあつめて/ 3 終りの季節/ 4 YELLOW MAGIC CARNIVAL/ 5 ルーチュー・ガンボ/ 6 はらいそ/ 7 INSOMNIA/ 8 CHAOS PANIC/ 9 THE ENDLESS TALKING/ 10 ANDADURA/ 11 ESASHI

【著者紹介】
細野晴臣 : 1947年、東京生まれ。20歳の頃、エイプリル・フールのベーシストとしてデビュー。のち、大瀧詠一、松本隆らとはっぴいえんどを結成。73年の解散後、キャラメル・ママ(ティン・パン・アレー)を経て、ソロ活動、プロデュース活動を展開。78年には坂本龍一、高橋幸宏とイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成、世界的に注目された。83年の解散後は、プロデューサー/ソングライターとして活躍しながら、FOE、HAT、HISなどの活動を継続

北中正和 : 1946年、奈良生まれ。雑誌『ミュージック・マガジン』編集部を経て音楽評論家に。ワールド・ミュージックを中心に旺盛な評論活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ずっと読みたかった本だったので再版は嬉し...

投稿日:2005/11/23 (水)

ずっと読みたかった本だったので再版は嬉しかった。買った日に全部読んじゃった。必読。

EBI さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • qoop さん

    細野氏へのロングインタビュー。70年代から約20年間の、特に音楽活動と方向性、指向の変遷などを辿る。氏の活動を大局的に見ることをしなかったためか、多岐に渡ると感じていた方向性に想定以上の統一性があって驚かされた。改めて旧譜も聴いてみようと思う。また同時に、ニューサイエンスやオカルト的言動といった〈らしい〉危うさも一貫?しているんだな、とも。これは仏教への傾倒、ガイア理論、あるいは日本的なモノへのシンパシーと根は同様なのだろう、何か大きな流れの中に自信を位置付けたいという発想があるのかも知れないな。

  • nobu23 さん

    一冊全て細野さんのインタビュー。生い立ちから始まり、エイプリルフールやはっぴいえんど、ソロやYMOなど歴史に沿って当時の事が語られる。

  • 江藤はるは さん

    細野観光した記念に買いました。 細野晴臣という人は知れば知るほど分からなくなってくる

  • jabrafcu さん

    インタビューが行われた92年までの自作品の背景について語っている。一応時代順になっているが,トピックが多岐にわたり,構成上,統一された主題はない。しかしながら,全体を通して読むと,1.細野のアイディア・インスピレーションの源があらゆるジャンルの音楽にとどまらず文学・映画・詩・ゲームなど幅広い領域にもまたがること,2.作者の意図から半ば自律してくる作品というもの,3.演奏者である自分と作曲者・プロデューサーとしての自分とのアンビバレンス,4.ユーモアを大事にしていること,といったテーマが浮かび上がってくる。

  • マジョラム さん

    大好きな細野晴臣さんのインタビュー集。はじめてこの本を読んだとき、細野さんのことが好きすぎて、小さいころ細野さんちの近くであったという目黒の自然教育園までわざわざ行ってぶらぶらしてきてしまった。この本は細野さんが生まれてからオムニサイトシーイングというアルバムを出したぐらいの間のインタビューなので、その後の昔のロックンロールを歌うようになった細野さんのことは書かれていない。ぜひ続編を!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細野晴臣

これほど日本の音楽シーンに燦然と輝きながら、妙に地味な立ち位置に落ちついている人もいないのではないだろうか?現在はSketch Showとして、さらにDaisy Worldの主宰者として活躍する日本が世界に誇る才能・細野晴臣。AORから、環境音楽、フォーク、テクノ、エレクトロと自在に音楽を操りながら、その実非常に人間味に溢れた音楽を奏で続ける男...

プロフィール詳細へ

細野晴臣に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド