バケモノの子 角川文庫

細田守

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041030004
ISBN 10 : 4041030005
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
追加情報
:
279p;15

内容詳細

君となら、強くなれる――。 細田守監督最新作の原作小説!

この世界には人間の世界とは別の世界がある。バケモノの世界だ。1人ぼっちの少年がバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹の弟子となり九太という名を授けられる。その出会いが想像を超えた冒険の始まりだった。

[著者紹介]
1967年富山県生まれ。91年東映動画(現・東映アニメーション)に入社。アニメーターとして活躍したのち、演出に転向。05年、東映アニメーションを離れ、フリーに。06年公開の「時をかける少女」、09年公開の「サマーウォーズ」、12年公開の「おおかみこどもの雨と雪」で数多くの映画賞を受賞。

【著者紹介】
細田守 : 1967年富山県生まれ。91年東映動画(現・東映アニメーション)入社。アニメーターとして活躍後、演出に転向。2005年フリーとなり、『時をかける少女』(06年)、『サマーウォーズ』(09年)を発表。両作品とも国内外で多数の賞を受賞。11年には自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yu さん

    読了。 人間の世界からふとしたことがきっかけで、異世界(バケモノの世界)に足を踏み入れた少年。熊徹に弟子入りし、九太と名付けられる。熊徹と九太の生活は、いがみ合いながらも、知らず知らずにお互いを成長させる存在でもあり、なくてはならない存在となっていく。 結末はなんとなく見えてしまうけれど、やはり涙なくして読めなかった。 細田さんの映画は見たことないけど、「おおかみこどもの雨と雪」といい、泣かされる。いつか映像でも見て号泣しよ。

  • やま さん

    【カドフェス2015】平易な文章で読みやすく、面白い。逆に奥深さはないが、それはそれでいい。人間の世界とは別の世界「渋天街」でのひとりぼっちの少年とバケモノの物語。奇妙な設定だが、基本的にストーリーはオーソドックス。人間とバケモノの間にも絆は描かれ、なんともいい話。ぜひとも映画のほうも見てみたい。

  • Ayumi さん

    人間界と密かにつながるバケモノの世界。バケモノの世界に迷い込んだ九太と、久太を弟子入りさせてくれた熊徹との擬似親子のような関係が、不器用ながらも温かい。バケモノというと人間には恐ろしいものである反面、人間の内面に潜む恐ろしさの方がタチが悪く、なんだか考えさせられました。時々表紙を見ながら読んだので、キャラクターのイメージがつきやすかったです。

  • 優希 さん

    絆というものを強く感じました。人間の世界からバケモノの世界に迷い込んだ少年が、九太という名を与えられ、熊徹のもとで成長していく様子には疑似親子ならではの関係が見えました。奇妙な師弟関係の2人はぶつかり合いながらも修行を重ねていく様子に、不器用な歩み寄りを感じます。血の繋がりがなくても家族に慣れるんですね。バケモノと人間の間で揺れていた九太が蓮に戻り、人間の世界で生きることを選びますが、バケモノの世界で得た様々な経験はこれからの道で活かされていくことでしょう。映画も見てみたくなりました。面白かったです。

  • りゅう☆ さん

    再びあの幻想的な映像が蘇る。内容は映画とほぼ一緒ですね。熊鉄や九太たちに会え、この世界に再び入れたことが嬉しい。熊徹の弟子となった九太。憎まれ口を叩き合う関係だが認め合い、二人の中で大きくなっていったそれぞれの存在。「九太は愛おしい目で熊徹を見つめ、熊徹も誇らしそうに九太を見た」この言葉に胸いっぱい。逞しく成長した九太の決心と感謝の言葉に多々良のようにポロポロ泣けてきた。「あいつの胸の中の足りないものをオレが埋めてやる」という熊徹の思いの深さにも感動。でも映画を観てたからこそ、感動もひとしおだったかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細田守

1967年富山県生まれ。『時をかける少女』『サマーウォーズ』を監督し注目を集める。監督・脚本・原作を務めた『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』はともに大ヒットに。2018年7月20日公開の最新作『未来のミライ』は第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出された

プロフィール詳細へ

細田守に関連する商品情報

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド