武満徹を語る15の証言 「武満徹を語る」インタビューシリーズ

粟津潔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093876582
ISBN 10 : 4093876584
フォーマット
出版社
発行年月
2007年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
501p;22

内容詳細

シリーズ3作目は、武満徹と仕事をした様々な分野の人々へのインタビュー。尺八奏者、指揮者、能役者など15名が登場。武満の人と音楽を語るうえで必読の書。世界初演地図、監督別映画作品リストほか詳細資料付き。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
武満徹氏といえば作品数が多く、よくこれだ...

投稿日:2018/02/01 (木)

武満徹氏といえば作品数が多く、よくこれだけ仕事をしたものだと感心するのですが、人物像そのものが優れた作品であったように思えるインタビュー集。エピソード満載で、とても面白い本でした。池辺さん、篠田さん、岩城さんなど、証言する人の魅力もよく伝わってきます。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hr さん

    初めて読むエピソードが多数ある。武満徹との協力関係で成し遂げてきたことに誇りを持つ人物たちのインタビュー。特に演奏家の話が興味深い。読みながら、小泉浩、今井信子の録音を聴き漁ってしまった。リチャード・ストルツマンが涙ながらに「私の人生に、意味、価値を与えてくださったと思っています」「武満さんと出会う前は、私はただのクラリネット奏者でした」と語る。作品を通して演奏家に影響を与え、音を出しているだけでは演奏家ではないということを伝えたのが、武満という作曲家なのだな。

  • カットマン さん

    それぞれ面白い逸話ばかりなのだけど、篠田監督の話が面白かった。「心中天網島」には脚本が3名クレジットされている。篠田監督、原作の富岡多恵子さん、そして武満徹。なぜそうなっているのか、その中で武満は何をやったのかも良く分かる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

粟津潔

1929年東京都目黒区目黒本町に生まれる。絵画・デザインを独自に学ぶ。1955年日本宣伝美術会展・日宣美賞受賞、1958年世界フィルムポスターコンペランス最優秀賞などを経て、1969年粟津デザイン研究室(現(有)粟津デザイン室)設立。以降もグラフィックデザイナーとしてデザインの第一線で活躍する傍ら、

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品