追想五断章 集英社文庫

米澤穂信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087468182
ISBN 10 : 4087468186
フォーマット
出版社
発行年月
2012年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
288p 15cm(A6)

内容詳細

大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光(すごう よしみつ)は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語(リドルストーリー)」を探して欲しい、と依頼を受ける。調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかり――。五つの物語に秘められた真実とは? 青春去りし後の人間の光と陰を描き出す、米澤穂信の新境地。精緻きわまる大人の本格ミステリ。

【著者紹介】
米沢穂信 : 1978年岐阜県生まれ。2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞しデビュー。11年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 ここまで丁寧に描かれるとなると、唸るし...

投稿日:2013/05/10 (金)

 ここまで丁寧に描かれるとなると、唸るしかない。本書を読了後、なんともいえない余韻が残るが、それをどう分析評価するかは読者しだいなのであろう。いずれにしても、現時点において本書は著者の傑作のひとつと言うべき作品だと思う。

emanon さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サム・ミイラ さん

    りドル・ストーリーとは結末のない物語。結末は読者の想像に任せるという事。この追想五断章はまるでそれを逆手にとったミステリーである。過去に人が亡くなりそれが事件だったのかどうかを、失われた五つの掌編を探し辿る展開だがもちろん殺人などは起きない。だがしかしそれ以上に読む者を惹き付けてやまない力がこの小説にはある。帯には「大人の本格ミステリ」と記載されているがまさにその通り。この作者の中で最も渋い光りを放つ作品である。物語はいやが上にもロス疑惑を連想させ主人公の身の上に自分を重ねる。彼は私自身だと思った。

  • yoshida さん

    伯父の経営する古書店に居候する菅生芳光。彼は北里可南子という客から奇妙な依頼を受ける。それは可南子の亡き父・北里参吾の残した五つの掌編を探すというもの。破格の報酬にもつられた芳光は掌編を探し始める。そこから浮かんできたのは、参吾が妻を殺害したと疑われた事件「アントワープの銃声」だった。五編がリドルストーリーであり、結末が作品に書かれていないことも物語に大きな意味を持つ。作品の構成、暗澹とした雰囲気、そしてリドルストーリーのトリックと明かされる答えに息を飲む。序章の真意を知り戦く。実に堅牢で読ませる作品。

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    ある女性から父の遺作5短編の捜索を依頼された古本屋の居候 探し当てた「結末のない物語(リドルストーリー)」と女性が持っていた結末をつなげると、20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だった父親の真実の声が聞こえる筈 父が伝えたかったのは、娘への心遣いか、それとも事件の真相の吐露か? 幾重にも織り込まれ計算しつくされた仕掛け、そして最後のふか〜い余韻 もう米澤さんの魅力満載ですぅ! この深いコクと香り、皆様も是非ご賞味あれ! (^_^)v

  • 扉のこちら側 さん

    単行本で初読し文庫で再読。全編を通して「失われた物語」という主題通りの郷愁を誘う空気があって、切なく読めた。古書店員の彼の設定も好ましい。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    イヤミスっぽいが、面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

米澤穂信に関連するトピックス

  • 『氷菓』12巻!突然の事態に、えるが奉太郎を呼び出し‥ 「生き雛まつり」の傘持ちを頼まれた奉太郎。神社に着くとルート確認をしており、奉太郎は長久橋が工事で通れなくなることを... HMV&BOOKS online|2019年05月22日 (水) 12:00
    『氷菓』12巻!突然の事態に、えるが奉太郎を呼び出し‥
  • 米澤穂信が放つ最新作品集 高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリ... HMV&BOOKS online|2015年12月21日 (月) 21:06
    米澤穂信が放つ最新作品集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品