パリジェンヌ流モードなプチ・ルール

米澤よう子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784023312562
ISBN 10 : 4023312568
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
110p;21

内容詳細

パリジェンヌを描いて人気のイラストレーターの新刊。モノに束縛されないパリジェンヌ流おしゃれの新ルールを紹介。
不要なものを見極め、定番や小物使いでインナービューティも充実し、劇的ランクアップの着こなし上手になる術を伝授。
自分の魅力をアップさせるために選びぬいたアイテムの紹介とそれを活用するためのライフスタイルをイラスト・エッセイで紹介。
パリジェンヌ流モノを選択する術、「少ないのにリッチ」「モノに束縛されない」といったライフスタイルを紹介。
必要なのはシンプルな新定番だけ、プラス・アルファで自分らしさを醸し出す術など。

1章 パリジェンヌがお悩み解決!
2章 パリ流アイテムグレードアップ・レッスン
3章 パリジェンヌ流お買い物ルール
4章 TOP ではずさないおしゃれ術
5章 パリジェンヌとおしゃれ談義
6章 YOKO流バーチャルパーティ

【著者紹介】
米沢よう子 : 東京都生まれ。女子美術短期大学造形科卒業。グラフィックデザイナーとして広告制作会社に勤務後、93年、イラストレーターとしてデビュー。広告、パッケージ、女性ファッション誌、CM、WEB、書籍装丁などで活躍。02年、パニエットを設立。04年から08年、拠点をパリに移し、パリと東京で作品を制作。パリの高級百貨店、ボン・マルシェなどでの個展が評判を呼ぶ。帰国後、パリジェンヌのおしゃれをテーマにしたイラストエッセイを多数刊行し、ベストセラーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
米澤よう子さんのイラスト本をリリースのたびに買っ...

投稿日:2014/05/24 (土)

米澤よう子さんのイラスト本をリリースのたびに買っています。 おしゃれも随分真似しましたが、パリジェンヌ流は難易度高い! けど日本のブランドなんかではユニクロが良質&安価&パリ的シルエット近頃増えた というふうに個人的に思っています。 デートとお買い物術のページ、楽しく拝見しました

ざくろ さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひめありす@灯れ松明の火1124亡羊會 さん

    6年前までパリで暮らしていた米澤さんのお洒落論。シンプルでスレンダーに見える事を望み、徐々にお金を掛ける事を覚えランクアップしていくというパリジェンヌ。だけど現在のBABYが出店し、きゃりーやコスプレを愛する様なパリのお嬢さん達がいる事も事実で。この方にそれはどんな風に見えているのだろうと思いました。パリでのお買い物の仕方が面白かったです。ヒールだなんて優雅だなあマダム。ブラックドレス展も素敵でした。羨ましかったのはパリジェンヌは大抵いつも定時退社、という所。仕事後の時間をあんな風に過ごせたら素敵ですね。

  • 馨 さん

    パリジェンヌの普段のおしゃれのちょっとしたこだわり。定番型で、ベーシックなものを好むパリジェンヌがなぜ個性的に見えるのか…どの本にも書いてあるがとにかく自分にぴったりしっくりくるものでなければどんなに安くても買わないという精神が素敵です。あと普段考えたことがなかった洋服のバランス。高さ、長さはほんの数センチの差で良くも悪くもなるなんて!普段の自分がちょっと怖いです(笑)

  • ののまる さん

    そうなんですよ。毎回ほぼ同じってのは、わかってるんスけどね

  • ミユ さん

    米澤さんのパリシリーズ。正直目新しいものもなくなってきてはいるものの、ついつい買ってしまうんですよねー(笑)

  • アカツキ さん

    著者の本を新たに数冊購入したけれど、この本が一番良かった。ただ、いつもは普通の服を組み合わせや着こなしでおしゃれに魅せる感じだけど、今回は「この服が素敵」と印象に残る強い服が多い感じがした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品