未来記の番人 PHP文芸文庫

築山桂

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569762968
ISBN 10 : 4569762964
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
490p;15

内容詳細

天下を揺るがす書として封印されてきた、聖徳太子の予言の書『未来記』。その書が納められている大坂・四天王寺には“番人”がいた。僧・天海から、幻の書を奪取せよとの密命を帯びた異能の忍び・千里丸は、不思議な能力を持つ少女と出逢い、自分の生き方に疑問を持ち始める。秘宝をめぐる、異能者たちに公儀隠密、南蛮絞りの秘術を操る豪商も絡んだ壮絶な闘いを描く、痛快時代エンタテイメント!文庫書き下ろし。

【著者紹介】
築山桂 : 1969年、京都府生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得。98年に『浪華の翔風』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のりあき さん

    聖徳太子の遺した超能力者たちの物語。「産霊山秘録」をイメージしていたが、ストーリーは場面展開が少なく、他の時代の話はない。主人公は常に後手を踏んでおり、もたついてる感じ。丁寧に情景描写しているのは分かるが、個人的には超能力者が出てくる冒険活劇の割に冒険していない部分が目についてしまった。

  • ののじ さん

    太平記にも書かれていた聖徳太子の予言「未来記」。予言書というより、呪いの書か?ってくらい争いの種になっとる。彼らの成すべき事とは何か?

  • 岡本匠 さん

    築山桂の時代物。舞台はやはり大阪!今回は四天王寺!聖徳太子ゆかりの異能者が..

  • ロッカ さん

    活劇度★3 超能力度★3 さらりと読みやすく、読本のような感じで面白かったです。時代は江戸時代ですが、聖徳太子の予言書というのがちょっと新鮮です。一応、話は完結していますが、続編も可能な感じです。もし出たら読みたいです。

  • cuna さん

    聖徳太子が残した予言の書といわれる「未来記」を巡り、書の守り手である異能者(ベタな言い方をすると超能力者)と、それを狙う幕府方の公儀隠密に、大坂の大商人が、三つ巴の戦いを繰り広げる。ファンタジーでありながら、しっかりした史実がもとになっているところが、築山さんならでは、という感じ。主人公よりも巽くんが好きでした。10代の子にも楽しめそうな爽やかな時代エンタテイメント。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

築山桂

「浪華疾風伝あかね」(ポプラ社刊)ほか著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品