艦隊これくしょん ‐艦これ-陽炎、抜錨します! 2 ファミ通文庫

築地俊彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047294615
ISBN 10 : 4047294616
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
280p;15

内容詳細

話題沸騰のファミ通文庫版『艦これ』公式ノベライズに、待望の第2巻が登場!!

横須賀鎮守府に、陽炎もよく知る同型艦・不知火が転属してくることに。深海棲艦に対し大規模な作戦を実施すべく艦娘を集めているのだ。また一緒に戦えると喜ぶ陽炎だったが、逆に曙たち第十四駆逐隊の面々は、自分たち以上に陽炎を知る不知火に対して微妙な気持ちに……。そんなぎくしゃくした空気を孕む中、横須賀鎮守府の総力を挙げた攻勢作戦が開始されるのだが――。

【著者紹介】
築地俊彦 : 元TRPG、メイルゲーム製作会社勤務。現専業作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ありふれた職業で世界西郷 さん

    艦これのノベライズは3作品ほどありますが、個人的にはこの作品が一番好きです。努力とか友情など分かりやすい感情がテーマになっていて読んでいて清々しいです。今回は不知火が登場ということもあり、陽炎の表情がコロコロ変わっていく様がとても可愛かったです。第十四駆逐隊の面々とも絆が深まっている様も善く表現されていたように思います。次巻はリンガ泊地が舞台になるようですね。こりゃ、水着回あるでw。

  • まりも さん

    今回も熱い友情の王道物語でした。陽炎、不知火組高雄、愛宕組の姉妹艦の繋がりだけじゃなく14駆逐隊の絆と成長を見ることが出来る激戦があったりとイベント海域をネタにしているだけあって盛り上がりっ放しでした。真っ当に友情物語をやってくれて嬉しいです。誤植が多いのだけが残念だったかな。3巻に続くみたいだけど今後どう進めていくのか楽しみ。

  • 流言 さん

    面白そうなアトモスフィアはあるのだが、あと一歩物足りない。ゲーム中では断片的にしか描かれない要素を『鳳翔さんは艦隊に籍を置きつつも事実上引退して居酒屋を開いている』『南海棲戦鬼は身体を自動修復する(ボスゲージの自動回復)』『波を被って弾薬が湿気ることを「うずしおにやられる」と俗称する』といった形で落とし込んでいるのは良かったが、ミリタリーとしては緊張感が足りないしジュブナイルとしてはキャラクター同士の関係性を充分に描き切れていないという印象だった。イベント当時からプレイしていたらより楽しめたかもしれない。

  • あなほりふくろう さん

    皐月とジョッキを交わしたい(憲兵さんこちらです) いいですねこの熱い展開、大好き。陽炎は不知火好きすぎるだろうと苦笑しながらも、第十四の陽炎を含めた絆の、団結の強さに感動。ベタだけどこれも好物なのですw 作者がキャラひとりひとりを諸提督の最大公約数的なものに留めずきちんと登場人物として手の内に入れているから、彼女たちの挙動が至極自然になっていて。にしても夏イベ未経験だけど鬼撃破とかこの駆逐隊強すぎだろwww ひとつ、p246は大事なことなので二度言ったのでしょうか長月さんw

  • シンヤ さん

    いいね、真っ直ぐに王道だね。展開は一昔前の熱血系王道作品でベタですが、だからこそ盛り上げどころを心得ている感じで好感触です。設定面も安定かな、程よいバランス感かと。非常に手堅い作りです、シンプルで読みやすいけど、綺麗に纏まっていて気持ちいい。気になる点も誤差範囲で丸め込めれる王道なノベライズかなと思います。今回は台詞の使われ方も上手い。これはかなりの安定したクオリティじゃないですか。知っていても、知らなくても楽しめるバランス感でいいかなと。比較的地味なタイプではありますが、ノベライズとしては上々ですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

築地俊彦

東京都出身。ノベライズ多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品