いすゞトラック図鑑1924‐1970

筒井幸彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784895227391
ISBN 10 : 4895227391
フォーマット
出版社
発行年月
2021年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
247p;27

内容詳細

現存する日本最古の自動車メーカー、いすゞ。前身である東京石川島造船所時代のウーズレーから、戦後の高度成長期の1970年代モデルまでを紹介。

目次 : 巻頭口絵 カラーでたどる懐旧のいすゞトラック/ 戦前のいすゞトラック/ 戦後のいすゞトラック(1945年〜1970年)(小型車(ヒルマン・ベレル・ベレット・ワスプ・ユニキャブ・ライトエルフ・フローリアン)/ 2トン積クラス(エルフ・エルフィン)/ 4トン積クラス(TY・TR・SBR・SCR系)/ 5トン積クラス(TX系)/ 総輪駆動(TR/TS系(4×4)・TW系(6×6)) ほか)/ いすゞ主要エンジンのルーツと変遷―創業から1970年代までを中心として(ガソリンエンジン/ ディーゼルエンジン/ 小型車用エンジン)

【著者紹介】
筒井幸彦 : 1945年長野県生まれ。飯田高等学校卒業後、長野県警察官として主に交通特捜部門を担当。2003年警察功労賞受章、2017年瑞宝双光章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えすてい さん

    いすゞでは、この本では小型や一部の中型ではセミキャブオーバーが少なかった。今日のトラックでは見られないレイアウトだが、この時代は悪路や狭い道ではセミキャブオーバーの方が走破性が良く、ボンネットからエンジンの整備もできたのでメリットは大きかったのだろう。大型では6×2が多いのも目立ち、駆動しないデッドアクスルはシングルタイヤも少なくない。これもコスト削減のためだろうか。悪路走破性では6×4に劣るが製造コストや車両価格では6×2の方が低く、今日のトラックでもニーズが高い。子供時代の自動車本の軸配置を思い出す。

  • えすてい さん

    ウーズレー、スミダ、ヂーゼル工業を経ていすゞ自動車に至る、1970年代までのいすゞの主なトラックを集めた資料的価値の高いいすゞのトラック史のような本。社名からして日本の自動車メーカーでディーゼルエンジンの採用が早かったのは言うまでもないが、戦後もしばらくは消防車はガソリンエンジンが主流だったという。また、1970年代でもボンネットトラックのラインナップがあり、6軸では悪路用以外では6×2も少なくなかったのもわかる。商用車を主力とするメーカーとしてユーザーや用途の決め細やかなラインナップが重要なのだ。

  • kaz さん

    タイトルどおりの内容なのでやむを得ないが、地味な図鑑としか言いようがない。図書館の内容紹介は『現存する日本最古の自動車メーカー、いすゞ。前身である東京石川島造船所がウーズレーの製造を開始した1924年から、高度成長期の1970年代までに登場したトラックをまとめた史料集。戦後については積載量別に収録する』。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

筒井幸彦

1945年長野県生まれ。飯田高等学校卒業後、長野県警察官として主に交通特捜部門を担当。2003年警察功労賞受章、2017年瑞宝双光章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品