アイヌ語地名と日本列島人が来た道

筒井功

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227122
ISBN 10 : 4309227120
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
筒井功 ,  
追加情報
:
275p;20

内容詳細

アイヌ語地名の南限はどこか!?地名の安易なアイヌ語語源説を否定し、アイヌが暮らした東北のアイヌ語地名の南限を、「ナイ」と「ペッ」を中心に、科学的・実証的に地形などから策定する。そこから、アイヌと縄文人、蝦夷、マタギとの関連をみきわめ、“日本列島人”がどこから来たかを追求する。

目次 : アイヌ語地名の特徴と癖/ ホロナイ紀行/ オサナイとサンナイ/ トチナイ・アイナイ・ウラシナイ・ヨナイ/ そのほかの「ナイ」地名/ 東北地方の「ペッ」地名/ アイヌ語地名の南限はどこか/ 東側では複雑に入り組んでいる/ 異種言語による地名解釈/ マタギはアイヌ語地名帯の狩人であった/ マタギとの歴史と生態/ 「蝦夷」とアイヌは同じではない/ アイヌと沖縄人は全く別の集団である/ 列島北部の先史時代/ アイヌ語チメイノ南限界線は何を意味するか

【著者紹介】
筒井功 : 1944年、高知市生まれ。民俗研究者。元・共同通信社記者。正史に登場しない非定住民の生態や民俗の調査・取材を続けている。第20回旅の文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • (k・o・n)b さん

    著者は自称「アマチュアの地名観察者」。元記者なだけあり、取材力と行動力が凄まじい。アイヌ語由来と思しき地名があれば現地に赴き、地形を確認し、土地の古老に話を聞き、その上で文章を書いているので、読み応えがある。以前読んだ瀬川拓郎『アイヌと縄文』とは異なりアイヌと縄文人を必ずしも同一視せず、アイヌ語地名の分布域(=アイヌの居住域)の南限を比較的北の方に想定している。この地名分析の成果を背景に、後半は日本列島人の起源に話が及ぶ。この辺りは推測が多く、やや歯切れが悪いが…。全体的に読み物として面白かったのは確か。

  • 相馬 さん

    民族研究者筒井さんの新刊はアイヌ地名と日本列島人の話。筒井さんの素晴らしいところは徹底した現地調査に基づくところ。地名の強権付会なこじつけではなく、実際に地形を調べ古老に聴き取りして考察しいる。そのためアイヌ民族の居住地をやや狭く厳密に捉えている。瀬川拓郎氏への疑問は自分も感じたところ。また、古墳寒冷期に人口減少した東北北部に北海道から南下した説は面白い。

  • takao さん

    アイヌが南下(南限は秋田県の北部、宮城県南部まで)

  • 炭酸水 さん

    アイヌ地名の南限はどこなのかをいろいろな視点から考察している。南限についてはどのあたりかわかっているのだが、アイヌがどのような民族からきたのか、沖縄人の由来がどのようなものなのかの疑問が、筆者と同じく湧き上がってきている。

  • にょろにょろ さん

    索引が無いのが残念

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品