大手メディアがなぜか触れない日本共産党と野党の大問題

筆坂秀世

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909979018
ISBN 10 : 4909979018
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
上念司 ,  
追加情報
:
256p;19

内容詳細

なぜ、リベラルは安倍政治を止められないのか?反アベ勢力のおかしな論理を完全論破!

目次 : はじめに 「革命の夢」の被害者をこれ以上増やしてはいけない/ 第1章 上念司との論争で正体を現した日本共産党/ 第2章 わが「リベラル」からの転向/ 第3章 日本共産党の内部では何が起こっているのか/ 第4章 日本共産党の構造的問題/ 第5章 独裁政治を生み出す共産主義という悪夢/ 第6章 野党共闘が安倍政権に永久に勝てない理由/ 第7章 日本の政党政治と日本共産党の未来/ おわりに 日本共産党がいちばん反省しなければならないこと

【著者紹介】
筆坂秀世 : 1948年兵庫県生まれ。高校卒業後、三和銀行に入行。18歳で日本共産党に入党。25歳で銀行を退職し、専従活動家となる。国会議員秘書を経て、1995年に参議院議員に当選。共産党No.4の政策委員長、書記局長代行を務めるとともに、党屈指の論客として活躍。2003年に議員辞職。2005年に離党後、多数の著書出版やテレビ出演などで活躍

上念司 : 経済評論家。1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は1901年創立の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している。2013年12月より毎月、八重洲・イブニング・ラボの主任研究員として講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • shinshin2638 さん

    軽く読める対談本だが、日本共産党の実態がわかって面白かった。@安倍政権の長期化を批判しているが、志位和夫は委員長職に20年就いている。A共産党の実権は高い役職に就いていない元議員の90歳になる不破哲三氏が握っている。B不破は神奈川の郊外の豪邸に住み、党の資金でコックと車と運転手が雇われている。車は通院などにも利用されている。C自民党総裁選挙を批判する割には、自党では形ばかりの「選挙」しかやっていない。D吉良佳子参院議員は、『資本論』『共産党宣言』などの共産主義の古典を読んでいないと公言している。つづく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

筆坂秀世

評論家・元日本共産党政策委員長。1948(昭和23)年、兵庫県生まれ。県立伊丹高校卒業後、三和銀行に入行。日本民主青年同盟の活動を経て、18歳で日本共産党に入党。25歳で銀行を退職し専従活動家となる。国会議員秘書を経て、1995年に参議院議員初当選。共産党ナンバー4の政策委員長を務める。党屈指の論客

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品