治水の名言 水災害頻発、先人の知恵に学ぶ

竹林征三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784306094512
ISBN 10 : 4306094510
フォーマット
出版社
発行年月
2020年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
188p;19

内容詳細

巨大災害の世紀に突入!これまでなかった災害の頻発、混迷を深める治水。いま、先賢の知恵と生き方から学ぶ。

目次 : 第1部 日本の治水史に見る名言(従事した仕事より見えてきたこと/ 治水意識の芽生え/ 戦国時代の武将の治水・治水事業の発展期/ 明治維新の治水・治水事業の成熟期/ 大正・昭和・平成の治水、治水事業のこれから/ 被災直後から復旧・復興の知恵)/ 第2部 治水の名言に秘められた教訓(日本は水害大国/ 河川に関する名言に秘められた教訓/ 災害に関する名言に秘められた教訓/ 治水は讒言と地獄の世界/ 治水技術に関する名言に秘められた教訓/ 堤防に関する名言に秘められた教訓/ ダムに関する名言に秘められた教訓/ 先人が遺した治水に関する名言/ 政治家・マスコミの迷言/ 真髄をついた警告としての名言/ 求められている風土工学と環境防災学の視座と展開)

【著者紹介】
竹林征三 : 1967年京都大学工学部土木工学科卒業。1969年京都大学大学院修士課程修了、建設省入省。琵琶湖工事事務所長、甲府工事事務所長等を経て、1991年建設省土木研究所ダム部長、環境部長、地質官を歴任。1997年財団法人土木研究センター風土工学研究所所長。2000年富士常葉大学環境防災学部教授、付属風土工学研究所所長。2006年富士常葉大学大学院環境防災研究科教授(兼務)。2010年富士常葉大学名誉教授。工学博士、技術士(建設環境・河川砂防及び海岸)。1993年7月建設大臣研究業績表彰。1998年4月科学技術庁長官賞第1回科学技術普及啓発功績者。6月前田工学賞第5回優秀博士論文賞。2003年7月国土交通大臣建設功労者表彰。2014年4月瑞宝小綬章受章。2015年7月日本水大賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tomonori Yonezawa さん

    【地元図書館】正直、あまり面白いとは思わぬも「買ってもいいかな」と高い評価。 1部「日本の治水史に見る名言」、2部「治水の名言に秘められた教訓」の構成。1部は説明が丁度いい感じですが、2部は少し物足りない感じあり。2部九章「政治・マスコミの名言」では美濃部都政や民主党政権の脱ダム宣言とかも紹介されてます(ただし、物足りない)。 最後の方に五訓シリーズも紹介されてて、使い道のある本ですが、問題は俺にはこの本を使う役はもう回ってこないだろうってこと。太田垣士郎の名言もあり。 治水、工学は失敗学だとも思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品