And so this is Xmas 河出文庫

秦建日子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417219
ISBN 10 : 4309417213
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
追加情報
:
317p;15

内容詳細

「これは、戦争です」12月22日、クリスマスを目前ににぎわう東京・恵比寿で爆破テロが発生。すぐに届いた犯行声明で、犯人は日本国首相との生放送テレビ対談を要求、受け容れられなければ次は渋谷で無差別爆破テロを起こす、と予告する。対する首相はテロには屈しないと拒否。そして翌日、最悪の事態が…!圧倒的なリアリティとスケールでおくる衝撃のクライムサスペンス!映画原作。

【著者紹介】
秦建日子 : 小説家・脚本家・演出家・映画監督。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年『推理小説』で小説家デビュー。同作は“刑事 雪平夏見”シリーズとして続編とともにベストセラーとなり、『アンフェア』としてドラマ&映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぴ〜る さん

    現代を生きる人々への警告…。わかっているようで本当は何もわかっていない自分への警告…。引き込まれて一気読み。クリスマスを前に清志郎が唄うイマジンが脳内リプレイする1冊だった。

  • サニー さん

    来年の映画の予習。実は初読み作家さん。有名すぎてかえって敬遠していた。でも、意外性もあって面白かった。偶像劇みたいに色んな人が出てきて、事件以外のことも気になったから、もう少し一人一人掘り下げて欲しかった。

  • ohion さん

    次々と事態が進んでいくので、短時間で読み切ってしまう。真犯人の動機とかもっと人物設定に深みが欲しかったなぁ。ずっとハラハラしながらページをくるんだけど、なんか中途半端な感じの読後感。

  • TOFU さん

    展開が早くて読みやすかった。そのぶん少し物語の厚みには欠けた印象、楽しめたけどね。 SNSが流行してる分だけ現実世界でも被害者出まくるんだろうなぁ、と思った。 映画も大好きな石田ゆり子が出演するみたいなんで観てみようかな(たぶん超重要人物なあの人)。

  • shun さん

    2019年85冊目。映画の原作本。『アンフェア』の原作者の作品なので、間違いなく面白いでしょということで購入&読了。どんな結末が待っているのか、予想がつかず、あっという間に読み終わりました。犯人がテロを起こした理由が「?」だったのですが、最後の最後で明らかになります。ただただ脱帽。確かに、この話を読み終わった今となっては、「日本ではテロは起こらない」というのは夢物語のような気がします。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

秦建日子

小説家・脚本家・演出家・映画監督。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年『推理小説』で小説家デビュー。同作は“刑事 雪平夏見”シリーズとして続編とともにベストセラーとなり、『アンフェア』としてドラマ&映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品