王太子の運命の鞭 ソーニャ文庫

秋野真珠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781695624
ISBN 10 : 4781695620
フォーマット
発行年月
2015年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
316p;15

内容詳細

王太子ラヴィークは興奮していた。鞭を操る男爵令嬢レナの姿を見て、彼女こそが運命の人だと確信したからだ。彼はすぐさまレナと結婚し、期待に胸を膨らませて彼女を寝室へ連れていく。一方、レナは混乱していた。突然、国の英雄である王太子に「ぶってくれないか」と懸願され、瞬く間に結婚させられていたからだ。レナに人をぶつ趣味は無い。誤解を解こうとするが聞いてもらえず、追い詰められたレナは泣きそうになってしまうのだが…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐっち さん

    鞭を持ってるヒロインの表紙絵に、「僕は君にぶたれたいんだ!!」の帯・・・ドン引きで本屋さんの棚に戻したのですが、Amazonで★5つだったので読んでみました。あれ?面白い・・・「僕を君の手で躾けてくれ」「順番を待っている」等々、王子様が心から楽しそうでこちらもつられて楽しく読めました。王子様は本当に変態ですが、ヒロインもドン引きだし、周りも生温かいので、読者に変態の素養がなくても楽しめます、というかそうだと思いたいです。

  • momokazura さん

    王子様、1回もご褒美もらってないじゃないの。読後一番、残念な感想しか思いつかなかったのはナイショです!(笑) 今回も残念な、本当に(←ここを強調)残念なヒーローに大爆笑でした。残念さが際立ちすぎて、格好いい場面もヒロインの憧れる瞳になれない。そしてヒロインを気の毒にも思えないほど、ヒーローが残念なイケメンです。凄い英雄で、治世能力も群を抜いてるらしいのに、書かれてる全てが残念すぎる。残念過ぎても面白かった。あれ?残念以外の感想ないや(笑)

  • でんか さん

    わーーー、さすが変なオトコを書かせたら天下一品の秋野さん(だと思うんです。全くの私見ですが)。今回のヒーローも素敵におかしな人でいい感じです。ヒロインも、いろいろいじいじしたりしますが、基本明朗快活。いいカップルなんじゃないでしょうか。惜しむらくは、最後の方、ヒロインの出生の秘密のあたりがえらいグダグダしたこと。なんか蛇足感半端ない感じでした。

  • Pisces Peggy さん

    ★★★☆☆ 残念すぎの王子様、格好いいでも残念しが見えない。話が面白かったが、ヒーローの教育係とヒロインの養母は同じ人から好きみないです。

  • 相良 さん

    面白かったー!!!王子様のギャップがたまらない。被虐的なのにレナを泣かせたいSなところもあり(というかレナによって目覚めさせられた)、でも国を治める者としてはちゃんと優秀で、良いヒーロー。レナに向ける愛は明るいけどとっても「歪んだ愛」なのでソーニャのコンセプトに合ってると思う。レナも強く賢い、でも女の子な一面のあるヒロインで可愛かったー。ふたりの掛け合いも楽しくて!大満足の一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品