ワシントンハイツ GHQが東京に刻んだ戦後 新潮文庫

秋尾沙戸子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101359861
ISBN 10 : 4101359865
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
追加情報
:
16cm,545p

内容詳細

終戦からほどなく、東京の真ん中に827戸を擁する米軍家族住宅エリアが出現した。その名も「ワシントンハイツ」。「日本の中のアメリカ」の華やかで近代的な生活は、焼け野原の日本人にアメリカ的豊かさへの憧れを強烈に植え付けた。現代日本の「原点」ともいうべき占領期を、日米双方の新資料と貴重な証言から洗いなおした傑作ノンフィクション。日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

目次 : 帝国アメリカの残像/ 青山表参道の地獄絵図/ ある建築家の功罪と苦悩/ 「ミズーリ」の屈辱/ 乗っ取られた代々木原宿/ オキュパイド・ジャパン/ かくて女性たちの視線を/ GHQデザインブランチ/ まずは娯楽ありき/ 有閑マダムの退屈な日々〔ほか〕

【著者紹介】
秋尾沙戸子 : 名古屋市生れ。東京女子大学文理学部英米文学科卒業。上智大学大学院博士後期課程満期退学。テレビキャスターを務めるかたわら、民主化をテーマに旧東欧・ソ連やアジア諸国を取材。ジョージタウン大学大学院外交研究フェローとしてワシントンDCに滞在したのを機に占領研究を始める。著書に『運命の長女:スカルノの娘メガワティの半生』(アジア・太平洋賞特別賞)。『ワシントンハイツ:GHQが東京に刻んだ戦後』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 松本直哉 さん

    玉音放送の翌日に早くも「国家売春」計画が動き出す。進駐する米兵の性の処理のため国家予算で慰安施設を作り「宿舎・被服・食料など全部支給」という甘言、「慰安」という欺瞞的惹句のもとに日本の一般女性を集めて米兵に春を売らせた。強制ではなかったかもしれない。だが、終戦直後住居も食料もない女性たちにつけこんで詐欺同然の手口で醜業に追いやった罪は重い。戦前の「からゆきさん」と全く同じ構図。弱い立場の女性たちを搾取して、用が済めばポイ捨て。補償も謝罪もない。悲しい国。

  • thayami さん

    戦後復興の象徴。生まれ、憧れ、失望、対峙、そして解体。ハーグ条約の接収から”提供”への変遷。挙句がRAA。焼夷弾からの復興か・・・。著者の問うアフガンとの対比が印象深い。一方、文化の変化。特に、クリスマスツリーの謂れは興味深い。米国統治政策と、本国の各種習慣との乖離。現存するハーディ・バラックス。”戦後”はまだ続いている気がしないでもない・・・。

  • Admiral2009 さん

    終戦直後の面白い逸話が綴られています。いろいろな事を盛り込み過ぎが雑学吸収に止まり惜しかったかな。

  • Ted さん

    '11年7月刊。東京オリンピックの前まで代々木公園に建っていた米軍用住宅を巡る「風景描写」。あくまで当時のワシントンハイツの「周辺」を軽くなぞるだけのエッセイなので、テーマがあっちこっちに拡散しており、GHQの本質などには深くは触れていないため、掘下げ不足の感は否めない。ただ、「代々木公園の前はオリンピック村だった」程度の知識しかない人がそれ以前の歴史について知る「ガイドブック」としては手軽で面白く読める。内容はその程度の本で期待ハズレだったが、テクニックである文章はなかなかうまく感心した。文才がある。

  • ヴァン さん

     東京の代々木公園の場所にはかつてワシントンハイツと呼ばれる米軍軍人家族用住宅が建っていた。それは東京オリンピック開催時には選手村となり、日本のなかで歴史を刻む。敗戦の日本のなかでアメリカの刻印した戦争記憶をたどりながら、戦後日本の成り立ちを記述したノンフィクション。ボリュームのある一冊である。   

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

秋尾沙戸子

名古屋市生まれ。東京女子大学文理学部英米文学科卒。上智大学大学院博士後期課程論文執筆資格取得後退学。テレビキャスターを務める傍ら、民主化をテーマに、旧東欧・ソ連やアジアの国々を歩き、ジョージタウン大学大学院外交研究フェローとしてワシントンに滞在したのを機に占領研究を始める。著書に『運命の長女―スカル

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品