脳トレ書道のススメ 脳を元気にしたいなら“筆で書く” 書道で長生き!

福山秀直

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784544160017
ISBN 10 : 4544160014
フォーマット
出版社
発行年月
2009年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,111p

内容詳細

書道がなぜ「脳トレ」にいいのか。最新の脳科学から、書道と脳の関係を解説。筆づかいのコツをスポーツのように“体で覚える”、楽しみながら、体と頭を使って取り組む自由な書道を提案する。

【著者紹介】
福山秀直 : 京都大学医学研究科附属高次脳機能総合研究センターセンター長。教授。1949年・福井県生まれ。医学博士。ポジトロンCT(PET)や、MRIを使用して脳内のさまざまな機能や物質を画像化し、認知症患者や、人間の脳機能の仕組みを研究。京都大学医学部附属病院の神経内科では、臨床医師としても活躍

青山浩之 : 横浜国立大学教育人間科学部国語・日本語教育講座准教授。1968年・愛知県生まれ。全国大学書写書道教育学会常任理事。(財)独立書人団審査会員。全国の小・中・高校で授業として行われている「書写」「書道」の指導方法や、教員の育成など、「書写・書道教育」全般を研究。学校教科書の執筆、編集、教材の作成なども数多く手がけるほか、全国各地での講演活動や、テレビ番組で講師を務めるなど、多方面で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

福山秀直

京都大学医学研究科附属高次脳機能総合研究センターセンター長。教授。1949年・福井県生まれ。医学博士。ポジトロンCT(PET)や、MRIを使用して脳内のさまざまな機能や物質を画像化し、認知症患者や、人間の脳機能の仕組みを研究。京都大学医学部附属病院の神経内科では、臨床医師としても活躍

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品