覆面系ノイズ 15 花とゆめコミックス

福山リョウコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592216155
ISBN 10 : 4592216156
フォーマット
出版社
発売日
2018年03月20日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

夏の大規模野外ライブ「ロックホライズン」に今年もイノハリが参加! 本番ステージ前日、先輩バンドのライブにゲスト出演することになったニノは…!? ♭82〜87を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 有子 さん

    ロックホライズン再び。自信は無くても、空っぽかもしれなくても、とりあえず前へ進むことをそれぞれ決意。ファンの反応まで考えらてる蜜さんたちとニノがコラボして殴り合ったことで、イノハリがまだまだ成長しているのが嬉しい。深桜もバンドのボーカルとしてニノより一段高い位置にいる感じするよね。あーでもやっぱりニノが一緒に歌うのはユズなのか…!恋の進展を期待したいような、上手くいったらいったで音楽が壊れてしまうような、不安定さが怖いなぁ。どうなるのかな。羽衣ちゃんでぐるぐるだったクロが楽しそうに演奏してて本当に良かった

  • ako さん

    イノハリ進化の巻。蜜とのコラボので悔しいと思えたニノ。まだまだ進化しますよ!クロが頭空っぽにして楽しんだ結果、杏の笑顔。新しい恋に突き進むクロを応援したいです!次巻はモモの番だ。

  • 紅羽 さん

    二度目のRHが開幕。音楽の殴り合いが始まりました。ハルヨシ先輩と深桜のカップルが甘酸っぱくて可愛かった(笑)モモとニノはひとまずリセットした感じですが、ユズは変わらず想っているけれど、何かもう割りきっているような、想いがもう叶わないという事を前提にしているようで切ない。

  • さな さん

    もう付き合ってるとかないとか、そういうカテゴライズはどうでもいいよって思いました。付き合ってない、で互いを求める気持ちが沸き起こるならそれでいいんじゃないかな。ユズももう一番近くにいるけど、決して通じ合わないことが最善、みたいなのを悟っているようだし、三角でいくならユズの救済はあえて本編では望まないかもしれません。違う形で想いが昇華されればそれでいいです。ユズ大好き…!

  • ものくろ さん

    マンガpark読み。深桜がいたときの曲をロックホライズンでやるとか、読んでてぞわっとした。ユズ母登場。しかしよくモモもユズもお母さん見つけられるよなー。もうどこに感情を合わせて読めば良いかわからない。でも面白い

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

福山リョウコ

和歌山県出身。2000年にザ花とゆめに掲載された「カミナリ」でマンガ家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

福山リョウコに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品