87歳と85歳の夫婦 甘やかさない、ボケさせない

神津善行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344035263
ISBN 10 : 4344035267
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
207p;18

内容詳細

【もくじ】
第1章 老夫婦の「日々是好日」
○料理をつくるのは妻の役目?
○夫婦喧嘩を避けるコツ
○長く続ければ、結婚生活も飽きて当然? ほか

第2章 愛する家族と忘れられない友人のこと
○老夫婦から子どもたちへのメッセージ
○孫たちに伝えておきたい大切なこと
○共通の友人・美空ひばりさんのすごさ、さみしさ ほか

第3章 老いと向き合う日々
○運転に自信があっても、免許は返納
○みんな年をとるのだから、いちいち悩まない 
○オレオレ詐欺、火の始末……自分の身は自分で守る ほか

第4章 終活と最期に向けて
○死と隣合わせ
○死ぬのは家で? それとも病院で?
○夫と妻、どちらを先に見送りたいか ほか



[著者について]
神津善行
1932年東京生まれ。作曲家。「音学」の第一人者として、早稲田大学講師も務める。54年国立音楽大学楽器科卒。作曲を信時潔氏に、トランペットを中山冨士雄氏に師事。300曲にのぼる映画音楽、歌謡曲「新妻に捧げる歌」、交響詩「月山」などを作曲。また、20年前より早稲田大学理工学部三輪研究室と共同し、「植物と音との関係」を研究。植物の発する電波を採取・解析し、音源を使って音楽として表現することに成功。この研究は世界的に注目を集めており、NHKなどでも番組に取り上げられている。93年には、女性8人による古楽器集団「六華仙」を結成、植物発信音との競演をテーマに国内・外での公演活動を行っている。著書に『音楽の落とし物』『ぼくの英才教育』『浪曲の音楽的考察』など。

中村メイコ
作家、故・中村正常氏の長女として生まれる。2歳の時に映画「江戸っ子、健ちゃん」(P・C・L映画製作所/現東宝)にてデビュー。その後、数多くの作品に出演し天才子役として注目される。1957年に作曲家・神津善行氏と結婚し一男二女をもうけ、「神津ファミリー」として親しまれる。数々の昭和を代表とするスターとも親交があり、日本の芸能・放送史を知る上で貴重な存在である。


【著者紹介】
神津善行 : 1932年1月、東京生まれ。麻布学園を経て国立音楽大学トランペット学部卒業。作曲を信時潔、服部正に、トランペットを中山冨士雄、北野博正に師事。交響詩「月山」、小交響詩「依代」などのほか、映画音楽を330作品担当。歌謡曲は「新妻に捧げる歌」「星空に両手を」など50曲を作曲。植物発信波の採取と研究で早稲田大学理工学部特別研究員となり、理工学部にて15年間講師を務める

中村メイコ : 1934年5月、東京生まれ。本名は神津五月。父は作家の中村正常。2歳半のとき映画『江戸ッ子健ちゃん』のフクちゃん役でデビュー。以後、女優として映画、テレビ、舞台などで幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • なしこ さん

    「人生のカーテンコール、それも老夫婦揃ってのカーテンコールは、なかなか味わい深いものだと思いませんか?ただし、味わい深いからといって、60年以上も一緒に暮らしている夫婦が飽きないでいられると言う保証はどこにもなく、実際私も神津サンにに飽きているし、神津サンも私に飽きていることはほぼ間違いないでしょう。」 メイコさんの軽快な語り口が面白い。 夫婦のリレーエッセイ。同じトピックに関してでも、お互いこんなことを考えているんだなぁというのがわかって興味深かった。物事を別の側面から見てみる、という感じ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

神津善行

1932年1月、東京生まれ。麻布学園を経て国立音楽大学トランペット学部卒業。作曲を信時潔、服部正に、トランペットを中山冨士雄、北野博正に師事。交響詩「月山」、小交響詩「依代」などのほか、映画音楽を330作品担当。歌謡曲は「新妻に捧げる歌」「星空に両手を」など50曲を作曲。植物発信波の採取と研究で早稲

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品