はけたよはけたよ

神沢利子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032040302
ISBN 10 : 4032040303
フォーマット
出版社
発行年月
1970年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 寺の儀 さん

    一人でパンツが穿けない主人公の幼児。なぜなら穿くとき片足になると倒れるのだ。業を煮やした幼児は下半身裸のまま表に飛び出す。その姿を見た動物達は嘲笑う。幼児には尻尾が無いからだ。悩む幼児はフラミンゴに片足立ちの秘訣を問うがマスターできずに尻を汚してしまう。泥ケツフルチンで帰宅した幼児。母に尻を洗われる。悩んだ挙句に寝そべって穿く技術に開眼する幼児。独りで穿いたズボン姿で再度外に繰り出す。東海林さだおは五十代から立ってパンツが穿けなくなったそうだ。人間、立ってパンツが穿ける時間は意外と短いのだ。

  • momogaga さん

    【オトナこを絵本を】再読。大人になって読み返してみると、おとこのこだったころは何で○○だったんだろうと思ってしまう。傍ではいつも母が見守ってくれていたんだろうな・・・

  • boo さん

    息子のお気に入りになった一冊。図書館に行くと3冊借りてくるのですが、今週はこればっかり読みました。途中に動物たちが出てくるのが面白いみたい。さらに、この本のおかげか自分でズボンを履こうとするようになりました!面白いですね

  • はるけいゆいママ さん

    2歳9ヶ月の息子。オムツがなかなか外せず、ズボンも自分で履こうとはするけど足が出ず大騒ぎに。そんな時にこの本を見つけて図書館で借りてきました。「どでん!」って所では、「(息子)ちゃんと一緒だね」と一緒に笑っていました。パンツに興味が湧いてくれるといいなぁ。

  • リハビリ中の雨巫女。 さん

    かなり、太ってた時、似たようなことありました。しかし、絶対にパンツは履きましたよ。(笑)実際そのカッコだと捕まりますが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

神沢利子

1924年福岡県生まれ。少女時代を樺太(今のサハリン)で過ごす。詩、童謡、童話、絵本と幅広い分野で活躍する児童文学者。日本児童文学者協会賞、日本童謡賞、路傍の石文学賞、モービル児童文化賞など数々の賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品