BLUE GIANT SUPREME 10 ビッグコミックススペシャル

石塚真一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098605835
ISBN 10 : 409860583X
フォーマット
出版社
発売日
2020年02月28日
日本
追加情報
:
200p;18

内容詳細

ロックのビッグフェスに大のジャズが挑む!

英国最大級のロックフェスに、
異例の出演を果たすことになった
「Dai Miyamoto NUMBER FIVE」。
ロックファンの数万の群衆、
ロック界のメジャーアーティスト達、
すべてがアウェイの状況下で
大の緊張も高まっていく…
通じるのか? 伝わるのか!?
そして終演後、大に思わぬオファー!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しいたけ さん

    やっぱり純粋さに軍配が上がるんだな。音楽に勝ち負けはない。そう思ったのに負けたかと見せかけて彼の方の未来。生き残ってる。アプローチは人それぞれ。彼も純粋だったということか。

  • hiro さん

    日本編(仙台編∔東京編)の『BLUE GIANT』が10巻で終わったように、ドイツ編(ヨーロッパ編?)の『BLUE GIANT SUPREME』も切りのよいこの10巻で終わりかと思ったが、もう少し続きそう。しかし、四面楚歌の英国最大級の“ロック”フェスにも出場した我らの「Dai Miyamoto NUMBER FIVE」も、メンバー四人それぞれの成長のためには、新しい次のステップに進む時期に来たようだ。やはりこの次は、ジャズの本場でのD(大)の活躍をみてみたい。

  • コットン さん

    今回はロックフェスでのアウェイなジャズ演奏だが音楽のライブ感が熱く伝わってきて、やっぱり面白い!

  • 柏バカ一代 さん

    ロックフェスに完全アウェー状態で出演、しかも、ライバルのアーニーはロックの大御所に喧嘩を売る始末。そんな中でダイ達ナンバーファイブが中指を立てられながら出演するが、、音楽が始まったら多くのロックファンを魅了した。紙なのに音が聞こえてきそうなのが本当に凄い。さらにロックの大御所にまで、一緒にやらないかと言われる始末。でもそこはマイペースなダイ。ラファなんか泣いちゃうくらい感動してるw そして、後半はそれぞれのオフの話をして終わり。いやーー面白かった。

  • 新手田 円花@芸術を超越するレアル感☆彡 さん

    ロックフェスで初めてのステージを行う「ダイミヤモト・ナンバーファイブ」の面々。みんな緊張感が溢れるがダイがその雰囲気を切り裂いてオーディエンスを魅了してしまう。これを裏付けるのは、ステージを終えてメンバーが泣いているラファエルがハンナがブルーノさえも。その後にロックの大御所から自らのステージに誘われるが切り返すダイのウィットに富んだ言葉が素敵だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

石塚真一に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品