新しいおとな 河出文庫

石井桃子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416113
ISBN 10 : 430941611X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
280p;15

内容詳細

よい本を、もっとたくさん。幼い日のゆたかな読書体験と「かつら文庫」の実践から生まれた、子ども、読書、絵本、本づくりをめぐる随筆集。文庫化にあたり再編集し、写真、新規原稿を3篇収録。

【著者紹介】
石井桃子 : 1907年、埼玉県浦和に生まれる。28年、日本女子大学校英文学部卒業後、出版に従事。戦後、宮城県鴬沢で農業・酪農を始める。その後、編集者、翻訳家、児童文学作家として活躍。58年、自宅の一室に子どもの図書室「かつら文庫」を開く(のちに公益財団法人東京子ども図書館へ発展)。著書、翻訳書に、『ノンちゃん雲に乗る』ほか多数。2008年、101歳で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • niisun さん

    自らも絵本を創り、また、海外の素晴らしい絵本や児童書を翻訳して日本に紹介した石井桃子さんが、さまざまな新聞や雑誌に寄せたエッセイを集めたもの。主には、自宅の一室で子供のための図書室“かつら文庫”を開設した頃にあたる1950〜1960年代頃に書かれた文章ですが、子供にとっての読書の意味や優れた児童書の要諦など、なんら色褪せることのない内容でした。2歳の娘を相手に、毎夜、絵本を読んでいる立場の私には、刺さる言葉が多くありました。改めて、親の先入観なしに、“娘にとっての”良書を揃えていきたいなと思いました。

  • あ げ こ さん

    読む楽しさに満ちている。本に、お話に、物語に、夢中になる事の。読んで、聞いて、考えて、物語を目一杯味わう事の楽しさに、満ち満ちている。何と言う説得力。何と言う安心感。石井桃子の所に行けば。絶対に楽しい。読みたい本が、沢山ある。よいもの、面白いものが、沢山ある。とても信用出来る。その間違いのなさ。石井桃子自身がまず、読む楽しさを知る人であるが故に。幼い頃の喜び…お話を、物語を、聞いて、読んで、泣いたり、驚いたり、笑ったり、目一杯楽しんだ記憶を、疎かにしてしまう事なく覚え続けていた人であるが故に。信用出来る。

  • うみ さん

    石井桃子さんの考え方、文章の雰囲気、やっぱり好きだなぁ。こどもと同じ目線で世界を見ている。だけど、おとなの目線でもこどものことを慈しみ考えられる人だ。もっと関連著作が読みたいなぁ。

  • 橋本よみ さん

    石井桃子さんは尊敬する児童文学者。子供を育てるに当たって心掛けたいことも書かれており、参考になったが子育てが自分にできるとは思わないので世の母親たちはすごいと思う。 子供にどんな本を与える(手に取らせる)べきか、子供に残酷な話は控えた方がいいのか、などや実際に作者の児童図書館で本を借りて行った子供たちはどの様な様子だったか、などとても興味深かった。私もその様な場を作るのが一つの夢でもある。

  • お手紙食べた さん

    児童文学に興味があっても、その研究やそれを読む子どものことまで考えようとはしていなかった。そこまで考えなくてもいいと思っていた。石井桃子さんの文章で読むとそういうどちらかというと興味のなかったことが、不思議とすっと入ってきた。子どもの「可能性」とか「純粋さ」のようなものを、夢想的にではなく実際的にとらえていた人だと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品