家と庭と犬とねこ 河出文庫

石井桃子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415918
ISBN 10 : 4309415911
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
250p;15

内容詳細

日本の児童文学に大きな実りをもたらした作家・翻訳家が、ひとりの女性として、生活実感をともなったことばで日常の小さな体験を生き生きと綴った生活随筆集。季節のうつりかわり、子ども時代の豊かな時間、戦後すぐの東北での開墾生活、一緒に暮らした犬やねこのことなど、誠実でユーモラス、シンプルな生命力にあふれた55篇。

目次 : 雪のなかのお餅つき/ 愛情の重さ/ 都会といなか/ 花どろぼう/ 知らない友だち/ 波長/ ピンクの服/ また猫のこと/ 宮様の手/ 小さな丸まげ〔ほか〕

【著者紹介】
石井桃子 : 1907年、埼玉県浦和に生まれる。28年、日本女子大学校英文学部卒業後、出版に従事。戦後、宮城県鴬沢で農業・酪農を始める。その後、編集者、翻訳家、児童文学作家として活躍。58年、自宅の一室に子どもの図書室「かつら文庫」を開く(のちに公益財団法人東京子ども図書館へ発展)。2008年、101歳で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふう さん

    1907年生まれ。明治からの4つの時代を生き、2008年101才で逝去。それだけで今の日本とは違う暮らしがあったはずと容易に想像できます。でも、エッセイの内容は、その想像とはかなり違うものでした。大変な時代、大変な環境の中でも、明るく前向きでいられたのは、幼い頃のきちんとした暮らしが土台にあったからでしょうか。日常や周りにある自然、友人やいっしょにいた猫と犬への思いが、温かく、素朴だけど童話のような色合いで、ときにユーモラスに描かれています。一人の暮らし、一人の時間に大切なことを感じ、考えることができる→

  • 佐島楓@執筆中 さん

    やわらかい文章のなかに、しなやかなつよさを感じた。終戦後、どんどん西洋化していく日本を見つめるまなざし。この視点は失われていくものではあるが、だからこそ残していく意味がある。私の一部を作ってくださったかたとして、尊敬の念しか抱けない。

  • ちえ さん

    終戦直前から東北で仲間農業を始めたりとすごく色々な経験がユーモアと優しさを感じる文章で語られていた。確認すると私が子供時代好きだった絵本のなかに沢山の石井桃子さんの本があって、こんな経験から生まれて来たものなんだなあとしみじみ感じる。うまく言葉に出来ないことがもどかしいのだけど、心の中に丸くて温かい何かが貰えた、そんな感じがした。改めて石井さんの絵本を手に取りたい😌最初の「雪のなかのお餅つき」そのときの光景と高揚した気持ち目に浮かぶ、最後の方のエッセイ、石井さんの物事に対する鋭さにドキッとした。

  • mntmt さん

    石井桃子さんの本や絵本、翻訳された作品を読んだことはあったけど、エッセイは初めて読みました。芯の強い、優しいお人柄が伝わって来ました。

  • taraimo さん

    作者の経験に基づくエッセイ集のようで、形式にとらわれない文章に、素朴な感性が溢れていました。貧しかった時代でも、その中で暮らすための工夫や知恵だったり、苦労の先に実らせた喜びや達成感は、今のような便利な時代では味わえない貴重なものに思えます。乳牛を養い生計を立てる大変さと、身近に見えている牧場風景が重なり、考えさせられました。特に犬や猫のエピソードは興味深かったです。作品中に何度か話題になった負傷した猫の名前を、傷が治ったことで、“キズ”から“キヌ”に改名したことが微笑ましく思えます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品