物乞う仏陀 文春文庫

石井光太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167717919
ISBN 10 : 4167717913
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,342p

内容詳細

アジアの路上で物乞う人々と触れ合い、語り合ってみたい―。そんな思いを胸に、著者の物乞いや障害者を訪ねる旅が始まる。カンボジアの地雷障害者やタイの盲目の歌手、ネパールの麻薬売人らと共に暮らし、インドでは幼児を誘拐して物乞いをさせるマフィア組織に潜入する。アジアの最深部に分け入った衝撃のノンフィクション。

目次 : 第1章 カンボジア―生き方〜買春と殺人/ 第2章 ラオス―村〜不発弾と少数民族/ 第3章 タイ―都会〜自立と束縛/ 第4章 ベトナム―見守る人々〜産婆と家族/ 第5章 ミャンマー―隔離〜ハンセン病と信者/ 第6章 スリランカ―仏陀〜業と悪霊/ 第7章 ネパール―ヒマラヤ〜麻薬と呪術師/ 第8章 インド―犠牲者〜悪の町と城

【著者紹介】
石井光太 : 1977年、東京生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに雑誌や本に寄稿、そのほか、ペンネームでの写真発表やラジオ、漫画のシナリオなども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鉄之助 さん

    石井光太のデビュー作。25歳で単身、インド、カンボジアなど東南アジアに渡り体当たりのルポをまとめた。貧困から自らの体を傷つけ(時にはマフィアによって傷つけられたり)て障害者になり、物乞いをする。「貧困商売」の実態を暴いた力作だった。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️⭐️石井さんは5冊目。今回は路上や施設で喜捨を受ける人びとに焦点を当てた作品です。カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム、ミャンマー、スリランカ、ネパール、インドと8カ国の様々な酷い背景を持った人びとへの渾身のルポでした。著者の被験者へのアプローチは安全とは思えないかなり独特な方法ですが、この旅を1年半続けて無事書き上げています。日本では平安時代のお話にしか出てこない目を背けたくなる生き霊の様な生者達と徹底して向き合い、彼や彼女が同じ苦しみや楽しみを持った人間である事を繰り返し実感させてくれます。

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    読んだ後に胸の中に重たいものが広がるノンフィクション。著者がアジア各地の物乞いや障害者をありのままに描き出す。最終話のインドの話が衝撃的だった。マフィアによって誘拐されて、手や足を切断されて物乞いとして金銭を稼がされる人たちの人生を知ると、底の知れない暗い穴の中に落ち込んでいくような気持になる。肯定的なことも書かれており、ベトナムで無償で産婆の仕事を続けるトイさんのエピソードに心を打たれた。

  • 里季 さん

    普段はあまり読まないジャンルの物だが、題名に魅かれて手に取った。アジア諸国の物乞いや障碍者を訪ね歩く。貧困が貧困を産み、内戦や戦争が追い打ちをかける。売春、ハンセン病の患者、麻薬。。。知らなかった世界だった。特に、物乞いを統括して利を得る組織の恐ろしさと言ったら・・・。物乞いは可愛そうに見えるほど儲かるので拾ってきたストリートチルドレンの腕や足を切り落として物乞いにレンタルしてもうけを増やそうとしているのには本当に衝撃を受けた。

  • kinkin さん

    『地を這う祈り』を読み、続けて読んだ。物を乞うというととてもマイナスなイメージがあるがどうだろう。哀れみで金銭や物を行為について乞う側も乞われる側もそのスタンスは日本とまるで違う。著者はそこからもう一歩踏み込んでアジア諸国の物乞いの実態や障害者の置かれている環境について書いている。日本に住む身ではとても信じられないことが記されているが。それが嘘か真実なのかは読者の想像力次第であり、自分の目でみるしかないと思う。底辺で生きるということについて考えさせられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石井光太

1977年東京都生まれ。2005年にアジア諸国の障害者や物乞いをルポした『物乞う仏陀』でデビュー。ノンフィクションを中心に、小説や児童書など幅広く執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品