石井ぜんじ「ゲームクリエイター」インタビュー集 ゲームに人生を捧げた男たち

石井ぜんじ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866364339
ISBN 10 : 4866364335
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
追加情報
:
320p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kubottar さん

    色々なゲーム関係者たちとのインタビュー集。やはり元・カプコンの岡本吉起の話が面白い。独立してからの失敗からの再起は、感動的でした。

  • hnzwd さん

    クリエイターから将棋棋士まで。ゲームという枠組みでのインタビュー集。ゲームセンター全盛期を知らない世代なので、後半のゲームに物語を導入、とか、AIが今後のゲームにどういう影響を与えていくか、辺りが興味深かったです。ゲームセンターという場所をどう残していくのか、という節も面白く、一気に読んでしまいました。

  • akihiko810/アカウント移行中 さん

    図書館本。元ゲーメスト編集長の、ゲーム関係者インタビュー集。印象度B+  元カプコンの「スト2」開発者から、ゲーセン店長、果ては将棋プロ棋士と幅広く「ゲーム」対談をしていて面白い。スト2でザンギエフが弱い理由は、デバック時にザンギ使いが勝ちまくってるから弱くした、とか面白い。ゲーム開発者2名のインタビューが載ってるが、移り変わりの激しいゲーム業界、独立して今やコンシューマーでなくスマホゲー作ってるそうだ。「昔の大作ゲーム作ってた人」で今も大手でコンシューマーゲーム作ってる人はいるのだろうか?

  • おかか容疑者 さん

    フォロワーの方がお勧めしていたので購入。 全8人の方とのインタビューが掲載されている。タイトル通りゲームの関係者との対談が中心なのだが、AI研究者や将棋の棋士などとの対談もなされているのが面白い。 とりわけ前半の方々の話は割とマニアックな感じにはなるが、本書を手に取る方は多少はゲームに興味関心のある方だと思うのでそこまで問題はないと思う。 読み物として楽しく読めたが、amphibian氏の対談は「とあるゲームをプレイしている前提で読んでね」という形なので途中から読むに読めなくなってしまったのが残念。

  • スコットレック さん

    ゲームに人生を捧げた男たち・・といったら ゲームの制作者側を想像しがちですが ゲームセンターの店長さん、昔のゲームの復刻に邁進する方、将棋の棋士の方・・多種多様な方々へのインタビューで、色々な視点からゲームの事を深く考える事ができる本になっていると思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石井ぜんじ

1986年〜1999年に発行されていたアーケードゲーム専門誌『ゲーメスト』元編集長。第一回ゲーメスト大賞受賞作の『ダライアス』(タイトー)では、クジラルートで全国一位のスコアを記録している。多数の媒体でゲームライターとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品