「大家さんと僕」と僕(番外編)

矢部太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103512127
ISBN 10 : 4103512121
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
111p;21

内容詳細

デビュー作が大ベストセラーとなった矢部さん=僕は、予想外の出来事に次々と巻き込まれます。手塚治虫文化賞受賞、殺到する取材依頼、憧れの方との対談、そして……。待望の描き下ろし漫画も収録、『大家さんと僕』をもっと好きになる、盛りだくさんの番外編本。

【著者紹介】
矢部太郎 : 1977年生まれ。お笑いコンビ・カラテカのボケ担当。芸人としてだけではなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えちぜんや よーた さん

    「大家さんと僕」、面白い本やなぁと思ってたらすごいことになってますね。矢部さんが手塚治虫文化賞を受賞しているとは知らなかった。やはり大家さんあっての矢部さんですね。「大家さんと僕」の2巻目である「大家さんと僕 これから」(2019年7月25日発売)の方も読みます。

  • 吉田あや さん

    番外編と位置付けられたファンブック的本書。大家さんとの出会いからこの漫画がうまれた過程など、作品が生まれる現場の空気に少し触れたような感覚になれるのが嬉しい。作家先生陣からの特別寄稿には三浦しをんさんや里中満智子さん、ヤマザキマリさんなど超豪華で、大家さんとローマ人の入浴シーンまであったりして最高!矢部さんに幸せの本当の意味を理屈じゃなく体感することで伝えてくれた大家さん。その大家さんと矢部くんの日々から読者にもかけがえのない優しい時間と想いが伝播する。(続↓)

  • あっか さん

    新刊。番外編ということで、1巻と(7月に出る)2巻の中間のような、ファンブックのような内容です^^芸能人から漫画家さんから作家さんから、色々な著名人からのコメントあり、受賞コメントあり、対談あり。色々な企画で掲載された8コマ漫画も載っています。矢部さんによる原作の「ここは実は…」という解説もあり、大家さんと僕ファンは必見の1冊です。表紙がCGかと思ったらフィギュア!可愛い♡このタイミングで相方の報道…もちろん本にも存在が登場するので、明暗分かれてしまった感じが少し残念ではありますね。

  • NADIA さん

    友人が貸してくれた。矢部さんの漫画執筆や手塚治虫文化賞授賞式の裏話、有名漫画家の矢部さんへの受賞祝いイラスト付きメッセージなどが紹介されている。本当に良い人なんだろうなあ(^^) 例の闇営業で話題の人になってしまった相方の入江さんもちょいちょい登場。前回は小堺一樹さんだったが、今回は今田耕司さんがそっくりだった。まんがは少なめだけど良い一冊でした。

  • えむ女 さん

    「大家さんと僕」が漫画賞を受賞し、それまでの漫画の描き方や、ちばてつやさんや里中満智子さんらのお祝いメッセージ、編集さんとのエピソードなどが載ってる。最後の「大家さんと僕」という8コマ漫画が良かった。そして裏表紙の大家さんと矢部さんのフィギュアが二人支え合っていてとても可愛い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

矢部太郎

1977年生まれ。お笑い芸人。1997年に「カラテカ」を結成。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

矢部太郎に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド