日本人の坐り方 集英社新書

矢田部英正

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205817
ISBN 10 : 4087205819
フォーマット
出版社
発行年月
2011年02月
日本
追加情報
:
18cm,203p

内容詳細

私たちが何気なく行っている「坐る」という動作には、日本文化の基層に触れる奥深さがある。日本人特有の身体文化=坐り方の多様性に迫った、目から鱗の画期的論考。坐り方ガイドも掲載。

【著者紹介】
矢田部英正 : 1967年生まれ。武蔵野身体研究所主宰。筑波大学大学院卒業。体育学修士。学生時代は体操競技の選手として活躍。当時の姿勢訓練をきっかけに身体技法の研究へ進む。国際日本文化研究センター研究員を経て文化女子大学大学院で博士号取得(被服環境学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kenitirokikuti さん

    足がしびれる正坐(端坐)が「正しい」坐り方となったのは明治以降である、という専門家はよく知る事実を一般向け(=新聞の連載記事)に書いたのが著者である。古代や中世の貴人坐は左右に大きく膝を開いていた。茶人の千利休も正坐ではなく、あぐらに近い坐り方。江戸時代になり、将軍に対するときは膝を閉じ、かしまった正坐をした。徐々に正坐は広まるものの、明治の夏目漱石は「正坐」ということばを用いていないぐらいである。門人の寺田寅彦は昭和7年の随筆「夏目漱石先生の追憶」で漱石が「正坐」していた、と書く。

  • コーデ21 さん

    ごくごく当たり前に思ってた「正座」が、明治大正時代から、とは驚愕(゚Д゚)ガーン 日本人の体型や暮らしのなかから変わっていった「座る」という動作。まさに、久々の「目からウロコ本」☆ ただいま同じ著者の「からだのメソッド」を読書中ですが、こちらもウロコぼろぼろww 「座り方」だけじゃなく「姿勢」「歩き方」など生活全般を見直す意味で、名著だと思われます(^0-)

  • きゅうり さん

    場所や雰囲気なども含めた坐(今で言う空気を読むの"空気")、体勢を表す座。日本人は昔から空気読む人種だったみたい。それでも茶道で立て膝okだったり必要に応じて足を崩し寛ぐことも知っていた。それが江戸時代から徳川幕府の厳しい管理体制によって上級武士に端座(正座)が浸透し、明治には教育制度として全国の庶民にも広まった。生活に近いからこそ歴史の中に埋もれてしまう「日本人の坐り方」。和室が減り、文化や優れた身体技法(床座の為の柔らかい足首など)が失われつつある現代人への坐り方ガイド(絵入り)付き。

  • 300冊/年目標 さん

    徳川幕府は着物の長さを長く規定したことで、女性は足を崩しにくくなり、正座が増えたらしい。たしかに座り方は装いにだいぶよる。

  • tsuneki526 さん

    足を崩して座るのは不作法みたいに言うけれど、浮世絵に描かれている人たちはもっとゆるい恰好してるじゃん。ともやもやしていたけど、その理由がわかってすっきり。あの袴の中はどうなっているからあんなとこから足が出るのか?などと思っていた歴史上の武将たちの坐り方もわかります。日本人ってもっとゆる〜い人たちだったはずなのに、何をどう間違ったから「〜ねばならない」と行動や考え方を抑圧するようになったのか?疑問である。長年にわたって培われた行動様式や伝統文化をこういった面からも見直した方がいいかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

矢田部英正

1967年生まれ。筑波大学大学院体育研究科修了。整体協会にて研鑽を積んだ後独立し、日本身体文化研究所を主宰。武蔵野美術大学講師。大学では体操競技を専門とし全日本選手権、インカレ等に出場。選手時代の姿勢訓練が高じて日本の修行・芸道の身体技法を研究する。姿勢研究の一環として椅子のデザイン開発に着手。「身

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品