わが家は幽世の貸本屋さん 1 コミックelmo

目玉焼き

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784867160787
ISBN 10 : 4867160784
フォーマット
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
180p;19

内容詳細

青年の楽しく怖く――そして切ない物語。

3歳の頃からずっと、貸本屋を営むあやかしの養父と共に幽世に生きてきた人間の娘・夏織。
ある日、幽世で倒れ伏す祓い屋の青年と出会う。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ルシュエス さん

    このコミカライズはWebで何度か読んでました。 幼い頃から妖の世に住む人間と、目的があって幽世に入り込んだ祓い屋のお話。 妖との感覚差に慣れようとする夏織に、水明が「人間なんだから」とズレを肯定し心を通わせていく。 こういう感じに妖に絡む話を書く作家さん多いですね〜。 憧れなのかな。

  • 夕凪 さん

    もあ表紙の全目本棚の時点で楽しい気分になるなぁ。原作者のSSもはいっていてうれしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品