ミナ ペルホネンの時のかさなり

皆川明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579304486
ISBN 10 : 4579304489
フォーマット
出版社
発行年月
2014年10月
日本
追加情報
:
127p;22

内容詳細

『皆川明の旅のかけら』に続く、装苑の人気連載をまとめた待望の新刊。独創的なオリジナルの布から生まれる物づくり、国内外へと広がる活動の場、そして未来への展望を綴った珠玉の一冊に。

【目次】
Photo Prologue 2

つくること 17
mina perhonen Matsumoto 22

ひろがること 25
Fashion Show in Paris 28
Fashion Story in Paris 30
The Exhibition in Holland 34
Fashion Story in Holland 36
Shoes 41
Furniture 42
Tableware 44

これからのこと 47
Blanket 51
Interior Fabrics 52

Memorial Story 55

ミナ ペルホネンのえことば 63
旅するミナ ペルホネン 87
ことばのポートレー卜 97

コラム 24, 40, 46, 54
おもうこと 96



【著者紹介】
皆川明 : 1967年東京生れ。文化服装学院卒業。ファッションブランド“ミナ ペルホネン”デザイナー。’95年に“ミナ”(2003年より“ミナ ペルホネン”)を設立。独創的なストーリー性のあるオリジナルデザインの生地による服づくりを進め、国内外の生地産地と連携し、素材や技術の開発に注力する。デンマークのクヴァドラ社をはじめとする海外のテキスタイルメーカーなどにもデザインを提供。近年では家具やテーブルウェアなどのインテリアデザインや、そのためのファブリック開発も精力的に行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • azukinako さん

    京都のミナペルホネンの店舗に偶然入ってしまったことからハマってしまった。あれっ、北欧っぽい名前だけど北欧のブランドかしらと思ったのが運の尽き。それ以来なにかと気になる、気になる。「dop」というファブリックは、摩擦で劣化しても、そこから裏面の色がほのかにぼんやりでてくるという。素敵だ。退職したら退職記念にミナのコートを買おう。

  • はるき さん

     世界観に酔う…。特別な普段着というテーマだそうですが、この世界に触れた瞬間に何か特別な何かが始まりそう。

  • ゆか さん

    昨日娘と国立新美術館へ行った帰りに、ミナペルホネン展に行こうとしましたが、チケットを買うのに40分待ちでした。娘が「ららぽで買い物する時間がなくなっちゃう」というので断念。日を改めてまた挑戦したいです。青森県立美術館へ行った時、スタッフさんが着ているお洋服が可愛いなと思っていたら、こちらもミナペルホネンだったのですね。もっとよく見ればよかったです。残った端切れとボタンをお客様がパッチワークにできるようにセットして「ミナペルホネンピース」として販売し、その売上げが、児童施設の学資資金になっているとのことです

  • なおじん さん

    ☆3 デザインを考える時、頭の柔らかさを保てるように努力します。

  • ぽてちゅう さん

    ミナペルホネンのテキスタイルには、目を惹きつけられる。(そして値段に目を見張る。)どこかで目にしたような、懐かしいような、記憶に定かでないけど不思議と記憶に馴染む。ぼんやりとした記憶、今そこにある発見、空想の世界。その景色に時に大胆に時に繊細に形をつけ色をつけると、こんなデザインになるのだろうか?時に流されず時を重ねたデザインに今もまだ「きれい」「かわいい」と思わず手に取りたくなる衝動に駆られる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品