花闇 河出文庫

皆川博子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309414966
ISBN 10 : 4309414966
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
追加情報
:
339p;15

内容詳細

絶世の美貌と才気、そして妖艶極まる頽廃美で絶大な人気を博した女形、三代目澤村田之助。江戸から東京へと世情がゆれ動く中、不治の病に侵され四肢を失いながらも舞台に立ち続けた、壮絶なる人生とは―。こよなく淫蕩、こよなく凛乎、こよなく高慢。稀代の役者の芸への執念を流麗に描き上げた傑作長篇。

【著者紹介】
皆川博子 : 1930年、旧朝鮮京城市生まれ。73年「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞後、ミステリ、幻想小説、時代小説、歴史小説等、幅広いジャンルで創作を続ける。85年『壁 旅芝居殺人事件』で日本推理作家協会賞、86年『恋紅』で直木賞、90年『薔薇忌』で柴田錬三郎賞、98年『死の泉』で吉川英治文学賞、2012年『開かせていただき光栄です』で本格ミステリ大賞を受賞。13年にはその功績を認められ日本ミステリー文学大賞、15年文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ドラマ『JIN−仁ー』の登場人物に澤村田...

投稿日:2019/01/12 (土)

ドラマ『JIN−仁ー』の登場人物に澤村田之助(三代目)という役者がいたが、本書はその田之助の生涯を描いた作品だ。 その美貌と実力で抜群の人気を誇った田之助。それゆえか、それとも生来のものかは定かではないが、勝気で驕慢である。やがて脱疽を患い、そのため両足、両手を切断することになるが、それでも舞台に立ち続ける。この波乱と狂気とも言える生涯を架空の人物の視点から見つめている。 最初に刊行されたのが1987年で、文庫化は三回目。文庫はそれぞれ違う出版社である。田之助と彼を描いた本作が根強い人気を持っている証である。

ねも さん | 兵庫県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • buchipanda3 さん

    妖艶な魅力を放っていたとされる女形・澤村田之助の生涯を描いた小説。役者として才気を発揮していた最中、病により四肢を失うという悲運、それでも彼は舞台に立ち続けたという。歌舞伎の舞台の煌びやかさと対比するかのように語り手・三すじの口調は淡々としている。それがむしろ写実的な効果を高めて、読み手に不穏な緊張感がもたらされ続けた。その三すじは自分でも判別できない屈折した感情を抱えてしまう。妬みからの憎悪が思わず沸き起こるも執念と凄艶さに愛しみを持たずにおれない存在。それが田之太夫の姿であることが深く印象付けられた。

  • aquamarine さん

    実在の名女形、三代目澤村田之助。脱疽で四肢を失いながらも舞台に立ち続けた彼の生きざまが、幼少期から見つめ、のちには弟子として傍らから離れなかった三すじの視点で語られます。文字の間に芝居の艶やかな仕草がひらりひらりと見えてくる言葉の選びの見事なこと。一緒に舞台を楽しみながら三すじとなって田之助に寄り添い、後半は一緒に痛みを感じながら壮絶な人生を見届けました。一見必要のなさそうなプロローグとエピローグが読後とても響いてきて、皆川さんらしくてとても好きです。まさしく花と闇、皆川さんだからこその一冊だと思います。

  • 佐島楓 さん

    おそろしいと思われるものほど、うつくしい。そんな種類の美を描くのが皆川先生の本領なのだと思う。

  • mii22. さん

    江戸が東京に変わり近代化が進むなか、歌舞伎役者の世界も変化していくが、そのなかで最後の江戸歌舞伎役者ともいえる妖艶な立女形三代目澤村田之助は大輪の花を咲かせやがて腐爛していく。歌舞伎の世界をよく知らない私を、華やかな舞台とその裏での役者同士の激しい闘争や嫉妬、色と金にまみれた日常が朧気ながらも肌で感じとれ、妖しげな魅力に引き込んでいく皆川さんの筆力は素晴らしい。田之助を取り巻く、五代目尾上菊五郎、九代目市川團十郎、絵師歌川国芳の弟子月岡芳年などの人物も物語に彩りを添えている。

  • *maru* さん

    皆川さん34冊目。脱疽の病で四肢を失っても尚、舞台を愛し、舞台に立ち続けた稀代の女形・三代目澤村田之助。ひとつ、またひとつ…。失い、苦しみ、それでも何度も返り咲く才気溢れた江戸歌舞伎最後の花。─朽ちるにはまだ早い─33年という短すぎる人生の案内役をつとめるのは、田之助の弟子・市川三すじ。様々な感情を抱きながらも、最後まで田之助の心に寄り添った語り手のやわらかい涙。雪の舞台で舞う清姫の愛おしい姿。脇役ながら、凄まじい存在感とともに『恋紅』に華を添えた澤村田之助。こちらも併せて読んでほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

皆川博子

1930(昭和5)年生まれ。東京女子大学外国語科中退。1973年「アルカディアの夏」で第20回小説現代新人賞を受賞。1985年『壁―旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞、1986年『恋紅』で第95回直木賞、1990年『薔薇忌』で第3回柴田錬三郎賞、1998年『死の泉』で第32回吉川英治文学賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品