日本国紀

百田尚樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344033856
ISBN 10 : 434403385X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
追加情報
:
509p;20

内容詳細

私たちは何者なのか――。

神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、
独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。
本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と
激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、
壮大なる叙事詩である!

当代一のストーリーテラーが、
平成最後の年に送り出す、日本通史の決定版!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
この本を読んだ感想を一言で表すなら「玉石...

投稿日:2018/12/21 (金)

この本を読んだ感想を一言で表すなら「玉石混淆」であろうか。評価できる部分、できない部分が入り混じったような本である、という印象を受けた。それぞれに論じたいと思う。 【評価できる点】さすがにベストセラー作家というべきか、筆力はさすがに高い。歯切れよくテンポのある文体で、読者を一気に「百田ワールド」へと引き込んでいく。歴史書をとっつきにくいと感じている人も、これなら読みやすいはずだ。ベストセラーになっているのも決してフロックではない。全書中のハイライトと言えるのはやはり朝日新聞批判(465p〜 )であろう。ここからの「朝日・リベラル批判」の文章の熱量は明らかにそれまでの文章と異なっており、百田氏はここが書きたかったからこの本を書いたのでは、と思えるほどだ。WGIPについて指摘したのも(421p〜 )いかにも百田氏らしいチョイスと言えよう。また、江戸時代の財政家荻原重秀を「ケインズを先取りした」先覚的な経済改革者として評価した(184p〜 )ところは大いに首肯できる。 【評価できない点】全体を通して天皇および皇室についての扱いがアバウトかつ冷淡に感じられるのは、保守派を自任する人の著書としては違和感を覚える。継体天皇の出自についての論考やその後の「万世一系」についてのコラム(30p〜 )、崇徳天皇の出生についての記述(82p〜 )などが特にそうだが、皇統について論じることへの百田氏なりの思いとかスタンスが余り伝わってこないのはどうなのだろうか。昭和天皇についての記述についても通りいっぺんのような印象を受けた。思うに百田氏は天皇や皇室への思い入れがそれほど 深くないのではないか、そう感じられてならなかった。また、鎌倉・室町・戦国時代は近年定説の見直しが盛んで、最新の研究成果が次々と発表されているが、百田氏の記述は従来通りの古い定説をほぼなぞったもので、情報のアップデートがなされていないのはちょっと気になった。例えば応仁の乱が起きた原因については「息子を将軍にしたいという母の我儘な思いからだった」(130p)と日野富子ひとりに責任を被せるように書いているが、呉座勇一氏の『応仁の乱』を読んだ後ではこの認識はいかにも単純すぎると感じられる。「各地の大名同士の戦いは歴史的にはさほど重要なものではない」(134p)という、戦国時代についての認識にはとても賛成できるものではない。各地の大名同士の戦いが収斂されて三英傑の天下取りへと繋がっていくのであり、これを無視するのはあまりに乱暴すぎるのではなかろうか。もう一つ、全体を通して「朝鮮」を不必要なまでに攻撃的に書く一方で「中国」について多少遠慮がちに書いているのはやや気になった。 こうして論じていくとやはり「玉石混淆」の印象はぬぐえない。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    百田 尚樹は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。図書館の予約に出遅れた訳ではないですが、図書館の配本の関係で(著者に言わせると、これも謀略かも知れません。)ようやく読めました。本書は50万部以上売れているようですが、何故かあまりメディアが取り上げません(これも謀略?)。従来の著者の主張を反映した日本通史でした。自国の銃規制も出来ない国を中心に、また軍拡競争が始まっていますが、高い志を持ち、核を含めた軍縮を実現する素晴らしい政治家は現れないのでしょうか?

  • mitei さん

    ページ数から言うとようやく読み終えたという達成感も感じると普通は思うが、思う間もなくあっという間に読んでしまった。日本人の通史としてはとても面白い。紙面は大半が明治維新以降だけど、江戸時代以前の話も古代の想像しか出来ない古い話もここは違うかなというものもあったが、スルッと読ませる文書力が著者のすごいところ。また繰り返し読みたいな。

  • utinopoti27 さん

    稀代のインフルエンサー・百田尚樹氏。その偏った歴史観が色濃く反映されている事実をもって本書を批判する声は確かにある。ただ、常に勝者の論理によって語られてきた歴史の側面を考えると、客観的な解釈などあり得ないのも事実かと。ポチは右でも左でもないけれど、本作に託された作者のメッセージには、いち日本人として深く心を揺さぶられました。特に自虐的歴史教育が染み込んだ身には忸怩たる思いがあるだけに、自国を誇る気持ちは何よりも大事にしたいと考えるのです。ゆえにあえて言いたい。これを読まずして日本人を名乗ることなかれ、と。

  • いおむ さん

    嫁との共同購読。平成最後の日までに何とか読了。間に合いました。じっくり半年かけて日本の歴史を読んできました。歴史本は書いた作者や団体、参考にされた文献、時代背景によってかなり解釈や記述が変わることを前提に読まなければなりませんが、改めて思い出すこと、新たに知ることも沢山あり、読んで良かったとまず思える本でした。日本という国、そして日本人ーーどうか、新しい令和時代を誇りをもって雄々しく乗り越えていけますように。

  • Noriko D さん

    記念すべき読メ登録記録300冊めの本。やっと読み終えた長い日本の歴史。教科書には書かれていない、学校の先生が教えることもない史実を知ることができて良かった。歴史に名が残る有名人だけが日本の歴史を作ってきたわけではない。多くの名もない人たちが紡いできた足跡である。この壮大な日本人の物語が未来の日本人にも読み継がれるものであってほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

百田尚樹

1956年、大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などのテレビ番組で活躍後、2006年に『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。2013年に『海賊とよばれた男』で第十回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

百田尚樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品