カエルの楽園2020 新潮文庫

百田尚樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101201931
ISBN 10 : 4101201935
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
追加情報
:
216p;16

内容詳細

ネットで大反響の寓話を緊急刊行!!
コロナ禍の日本に投げかける、警告と希望の書。
二匹のアマガエルがたどり着いた夢の楽園は悲劇的な末路を迎えたはずだったが、悪夢から一夜明け、二匹はなぜか再び平和な地にいた。
今度の世界では、ウシガエルの国で「新しい病気」が流行っていたものの、楽園のカエルたちは根拠なき楽観視を続ける。
しかし、やがて楽園でも病気が広がりはじめ……。
国難を前に迷走する政治やメディアの愚かさ、滑稽さを浮き彫りにし、衝撃の三通りの結末を提示する。
『カエルの楽園』の続編として新たに書き下ろしされた寓話小説。
ネット公開時に大きな反響を呼んだ作品に加筆修正を施した完全版。

著者紹介:
1956(昭和31)年大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006年『永遠の0』で作家デビュー。他著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)『モンスター』『フォルトゥナの瞳』『大放言』『カエルの楽園』『鋼のメンタル』『幻庵』『戦争と平和』等多数。


【著者紹介】
百田尚樹 : 1956(昭和31)年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    百田 尚樹は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。4年前に読んだ『カエルの楽園』の続編を読みました。新型コロナウィルス中心の内容でした。世界の各国と比較すると日本政府の対応は合格点とは言えないまでもマシな部類だと考えています。アメリカやブラジルは酷すぎます。著者にはもっと具体的で有効な提案をして欲しいと思いますが、無理だろうな(笑) https://www.shinchosha.co.jp/book/120193/

  • ゲンキ さん

    カエルの楽園の続編で、作者は、コロナウィルスで混迷する日本(国会議員等)を、面白おかしくカエルに置き換えて書いてみえます。5月6日に書き終えた話だそうだが、あまり違和感がなく読めてしまうのは、日本がコロナの第二波で停滞しているためか。ただ、作者も流石に首相が辞任することまでは読めなかった。まぁ、いずれにしても、大変面白かったし、すぐ読めました。ありがとうございました🙇。

  • ひできんぐ さん

    百田尚樹の真骨頂!再び味わえたページをめくった後の衝撃の一行! 思えば 読書を再び始めたのも百田尚樹の幸福な生活からだった。衝撃の一行を再び味わえて感無量です。 ナパージュのカエル達は昔から何か恐ろしいことが起こりそうな時でもたいしたことはないと考える。この考え方はきっと全人類もそうだと思う。危機的な状況の時こそ指導者の本当の能力がわかる。今度の総裁選で世界と戦えて 加えて凄まじい顔面力を持つ人といえば 言わずもがなだが!日本のプロメテウスは あの人であってもらいたい。

  • デーカ さん

    これまでのコロナ禍における日本の状況。登場人物がカエルやワシなので、緊迫する社会情勢を考えさせられるというよりは、おもしろ可笑しく読めるコミカルな作品でした。カエルの名前ですぐに実在の人物が連想できますが、どのカエルも可愛く感じてしまいました。

  • shinchan さん

    百田様、「錨を上げよ」以来久々の一冊!私、大ファンの為何を読んでも楽しい限りです。コロナ、コロナの日々が続く中、日本国は勿論のこと世界が良い方向となり、東京五輪が無事に開催されることを真剣に望みますが・・・???

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

百田尚樹

1956年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

百田尚樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品