野ブタ。をプロデュース 河出文庫

白岩玄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309409276
ISBN 10 : 430940927X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年10月
日本
追加情報
:
15cm,201p

内容詳細

人間関係を華麗にさばき、みんなの憧れのマリ子を彼女にする桐谷修二は、クラスの人気者。ある日、イジメられっ子の転校生・小谷信太が、修二に弟子入りを志願するが…はたして修二のプロデュースで、信太=野ブタは人気者になれるのか?!TVドラマ化もされた青春小説の決定版・第41回文藝賞受賞作。

【著者紹介】
白岩玄 : 1983年、京都市生まれ。2004年「野ブタ。をプロデュース」で第41回文藝賞を受賞し、デビュー。2005年、同作は第132回芥川賞候補作になり、またテレビドラマ化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • s-kozy さん

    「この本、面白いよ」というバトンが娘(お姉ちゃん)から息子(弟)へ、息子から私に渡され、リレーされてきた本。仲間に近づき過ぎず遠ざかりもせず、ちょうどいい距離間のぬくい人間関係を保つために、着ぐるみを着ているつもりで人気キャラ「桐谷修二」を演じる高校二年の俺。しかし、ふとした気の緩みから馬脚を現し、うまく築いてきたはずの俺のアイデンティティは崩壊する。思春期後期の自己が完成する直前の大人には成り切っていない男子の危うさがうまく描かれていた。本当は修二のアイデンティティなんて確立されていなかったんだけどね。

  • アポロ さん

    ある意味、現代版人間失格ぽい!桐谷修二が苦手なタイプだったからいまいち楽しめなかった!

  • いしかわ さん

    いつかやっていたドラマの'野ブタをプロデュース'とは全く違う作品だと言っても良いほど、私の知ってる野ブタでは無かった。自分自身を演じ、人間関係を徹底的に軽くあしらって'真実'なんて微塵も出さない人間関係は 確かに楽だが そこに何も残さない。ドラマはユーモアに溢れていたけど、この原作はさらっと読めてそして どよんと暗い。繋がりが薄いと、簡単に切れて 人は すぐに敵になる。こういう小説、なんか妙に胸が痛む。

  • coco夏ko10角 さん

    ドラマと設定が違う部分があるとは聞いたことがあったけど、この結末にはびっくり。あのキャストのドラマでこのラストにするわけにはいかないだろうけど、小説としてはこういう終わり方も好き。あとWが娘。を卒業したり文部省だったり、色々思い出してなんだか懐かしくなった。

  • 白蓮 さん

    ズバリ、主人公の桐谷修二君にはベストセラーの『嫌われる勇気』を読むことをオススメしよう。人間関係って本当に厄介で難しくて微妙。思春期なら尚更。痛い目に遭わされて流血している自分を助けてくれないのは友達ではないのか?信じるとか、本当の自分を知っているとか、そんな抽象的なものでしか絆は太くならないのか?、自分のキャラなんて作り上げるものでも、演じるものでもないのだけど、そう気づくのはずっと年をとってからなんですよね。まだ17歳。自分の未来は変えられるさ、修二君、そんな重たい着ぐるみは脱いでしまえよ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

白岩玄

1983年京都市生まれ。2004年『野ブタ。をプロデュース』で文藝賞を受賞し、デビュー

プロフィール詳細へ

白岩玄に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド