きれぎれ 文春文庫

町田康

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167653033
ISBN 10 : 4167653036
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
追加情報
:
16cm,213p

内容詳細

絵描きの「俺」の趣味はランパブ通い。高校を中途で廃し、浪費家で夢見がちな性格のうえ、労働が大嫌い。金に困り、自分より劣る絵なのに認められ成功し、自分が好きな女と結婚している吉原に借りにいってしまうが…。現実と想像が交錯し、時空間を超える世界を描いた芥川賞受賞の表題作と他一篇を収録。

【著者紹介】
町田康 : 1962年大阪府生まれ。高校時代より町田町蔵の名で音楽活動を始め、81年、パンクバンド「INU」の『メシ喰うな』でレコードデビュー。俳優としても活躍。96年「文学界」に発表した処女小説『くっすん大黒』で97年に第19回野間文芸新人賞、第7回ドゥマゴ文学賞を受賞。2000年『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞、2001年には詩集『土間の四十八滝』で第9回萩原朔太郎賞を受賞、2002年『権現の踊り子』にて第28回川端康成文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
そして私は町田氏の才能全てを愛しています...

投稿日:2005/08/25 (木)

そして私は町田氏の才能全てを愛しています。同じ時代同じ国に産まれて、リアルタイムに作品に触れられるコトを幸せに感じ 。

love さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
その人はその人であって他の誰にもなり得な...

投稿日:2005/08/25 (木)

その人はその人であって他の誰にもなり得ない。そこから生れる哀しみは誰とも共有するコトは出来ず、全部自分に返ってくる。仕方ないので自分で引き受け何とかしようとすれば他人からは間抜け狂人扱い…作中の人物達はノホホンと生きてる人達がグロテスクに見えてるでしょう。

love さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
カラマーゾフの兄弟の言葉「貴方は非常に不幸にな...

投稿日:2005/08/25 (木)

カラマーゾフの兄弟の言葉「貴方は非常に不幸になるだろうけど全体的には人生を祝福しなさい」というのと町田氏の作品には通じるトコがある感じ。

love さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    123回(平成12年度上半期) 芥川賞受賞。 全編に漂う蠢くような 描写が印象的な本。 主人公である「私」の 心の中は、ぬめっとした悪意に 満ちており、読んでいて正直 気持ちのよいものでは なかった。この物語のどこが 評価されたのだろうか。 底辺でもがきながら、でも 抜け出す努力もせず、空を 見上げている…雰囲気は 伝わるが、話の筋が読めない …何が何だかわからないまま、 読み終わった。

  • ヴェネツィア さん

    2000年上半期芥川賞受賞作。町田康は初読。破滅型1人称やぶれかぶれ語りといった文体。そういったところは、ちょっと太宰を思わせる。没落してゆくところなども重なるし。ただし、太宰の文体が読者を共犯関係に置くことで共感性を獲得して行くのに対して、町田のそれは読者の思考とは関わりなく、妄想し暴走する。つまり、あくまでも自己の思考回路の中で完結するのだ。『異邦人』も、深草少将(本文では鎌草少将)も、意味不明の「ツンドラに鶴」も、そうした諸々は混沌としながら、猛烈な語りのスピードの内にエンディングまで運ばれてゆく。

  • 馨 さん

    他の作品と比べて、空想が入っていたりするのでやや読みづらい感じもありました。でも町田康らしい作品でした。 私の日頃の話し方が結構町田康の文章の表現に似ているところがあり、ところどころ私が書いたのかと思え勝手な親近感を抱いています。しかしこの方の作品はどことなくパンクっぽいですね。

  • みゃーこ さん

    混沌とした世界観…かと思うと急激にリアルな世界の行ったり来たりが癖になりそうだ。このコントラストに知らず知らず引き込まれてしまう。脈絡があるのかないのか、クスっと笑っている自分に気づくのだが何に笑わされたのかさえ判然としない。オチで急に突如研ぎ澄まされた感性で表現される本質を突くような表現にハッとさせられる。主人公が二転三転入れ替わるかのような白昼夢を見ているかのような素敵さ。純テロリスト。略して純テロとはなんてシュールな〜ツボった。

  • おいしゃん さん

    【芥川賞作品】読書会にて、町田康をオススメする人あり。それじゃ、と手に取ったが、なんだこの世界は!前半の受賞作をなんとか読み終わり、二編目に進むと世界はさらに強烈に。頭をスケルトンにした主人公は、脳みそを見せつけながらイタリアンレストランへ行き、絶叫しながら飯粒で洗顔。すると脳の中には無数の虫が這いずり回り…。クラシック音楽をバックに珈琲片手の優雅な読書タイムには、最も適さない本であった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

町田康

1981年、パンクロック・バンド、INUのヴォーカリストとしてデビュー。 同バンド解散後、石井聰互監督の『爆裂都市 BURST CITY』に出演するなど個性派俳優としても活動。 1996年には処女小説『くっすん大黒』で文壇デビュー、2000年には『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞した。

プロフィール詳細へ

町田康に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品